マツダは、すでに「MX-30」というEVをグローバルで販売しています。そんなか、中国では「CX-30」のEV仕様が発表されましたが、どのようなモデルなのでしょうか。

マツダが新型SUVを世界初公開! EVなのにタフ感満載なモデル登場!

 2021年4月19日から中国で開催されている「上海モーターショー2021」では、トヨタやホンダがSUVタイプの新型EVを世界初公開。
 
 さらに、マツダでは現地合弁企業である長安マツダが「CX-30」をベースにした「CX-30 EV」を世界初公開しましたが、日本で販売されているモデルとは大きく異なっているようです。

 CX-30 EVのベースとなるのは、2019年3月に開催された「ジュネーブモーターショー」で世界初公開されたCX-30となり、日本では同年9月20日から受注開始、10月24日に発売されました。

 外観デザインは、滑らかで伸びやかなボディ曲面による美しさと、ホイールアーチ部とボディ下部の幅広クラッディングパネルによるSUVらしい力強さを両立しています。

 また、高さ制限のある立体駐車場の利用が可能となり、市街地でも取り回しが良く運転しやすいボディサイズです。

 日本仕様に搭載されるパワートレインは、2リッター直列4気筒ガソリンエンジン(SKYACTIV-G)、1.8リッター直列4気筒ディーゼルエンジン(SKYACTIV-D)、2リッター新世代ガソリンエンジン(SKYACTIV-X)です。

 一方、中国で発表されたCX-30 EVの外観デザインは、車高アップや大型サイドステップが搭載されたタフ感満載の仕様となっています。

 また、ボディ前後にエアロパーツが追加されるなど、アウトドアとスポーツを兼ね備えたスタイリングとなっています。

 このCX-30 EVのパワートレインは車名にもあるように電気自動車(EV)です。

 発表時には詳細なスペックは明かされていませんが、長安マツダでは次のように説明しています。

「マツダは、2017年に『Zoom-Zoom Sustainability Declaration 2030』を発表して以来、低炭素社会の実現と美しい地球と豊かな社会の創造に責任を負っています。

 また、2030年のカーボンニュートラル戦略に向けて、その強力なコア技術を活かした新エネルギーの展開に取り組んでいます。

 CX-30 EVは、マツダの新世代車造技術と電動化技術『e-SKYACTIV』をベースに開発され、2021年年中に発売予定です」

 また、マツダ国内広報部はCX-30 EVについて、次のように説明しています。

「CX-30 EVは2021年の下半期に中国のパートナーと一緒に準備を進めている中国専用EVで、長安マツダで生産を開始し、中国市場に導入する予定です」

※ ※ ※

 このようにあくまでも中国市場向けの販売となるようですが、日本のユーザーからも多くの反響が集まっています。

日本のユーザーからは意外にも好印象!?

 異なる外観デザインを持つCX-30とCX-30 EVですが、日本のユーザーからはどのような反響があるのでしょうか。

 くるまのニュースでは、中国で発表されたCX-30 EVに関するアンケートを実施しました。

「CX-30 EVのデザイン」に関する質問では次のような結果となりました。

 ・好み:37.1%
 ・すごい好み:27.5%
 ・普通:23%
 ・好みじゃない:7.3%
 ・まったく好みじゃない:5.1%

 日本ではオフロードテイストを盛り込んだモデルや仕様に関心が集まっていることもあり、半数以上のユーザーが好むデザインとなっているようです。

 次に「CX-30(日本仕様)とCX-30 EV(中国仕様)のどちらが好き?」という質問では、「CX-30 EV(中国仕様)」が57.9%に対して、「CX-30(日本仕様)」が42.1%と、ややCX-30 EVが上回っています。

 また、「CX-30 EVは欲しいですか?」という質問では、「欲しい(79.2%)」、「欲しくない(20.8%)」と8割近いユーザーが日本での発売を望んでいるようです。

 一方で、日本では2021年1月から「MX-30(EV仕様)」が発売されていますが、同じマツダのEVとして比較すると、ユーザーはどちらに関心があるのでしょうか。

 ユーザーの回答として、「CX-30 EV」が65.2%、「MX-30(EV)」は34.8%となりました。

 また、以前の取材で上がった声としては「MX-30のデザインは良いが実用面で考えるとCX-30のパッケージが良い」、「CX-30のEVがあれば良いのに」といったものもありました。

※ ※ ※

 基本的に、電動車を展開するにはバッテリーの配置を考慮したプラットフォームが不可欠といわれています。

 そのため、各自動車メーカーはEVプラットフォームを開発していますが、今回のCX-30 EVは、既存のCX-30をベースとしていると見られ、バッテリー配置・保護の観点から底上げされたことで、車高が上がっていると考えられます。

 今後、既存プラットフォームを活用したEVが日本市場でも登場するのか、注目すべき点かもしれません。