「クルマのトレンドはSUV」といわんばかりに、SUVの新型車が次々と登場。しかしランキングを見ると、SUVが多くを占めているとはいえません。自動車メーカーはなぜSUVばかりを作るのでしょうか。

メーカーがSUVに注力する3つの理由

 今、日本の新車のトレンドといえば、なんといってもSUVでしょう。ここ1年の間でもトヨタ「ハリアー」「ヤリスクロス」、日産「キックス」、マツダ「MX-30」、そして先日のホンダ「ヴェゼル」などSUVの新型車がデビューしています。

 2020年度の登録車(普通車・小型車)販売ランキングを見ても、1位はSUVのヤリスクロスを含んだトヨタ「ヤリス」、そして2位にはトヨタ「ライズ」が上位に入り、SUVが市民権を得ていることが理解できます。

 ただ、その先のランキング10位内には7位にトヨタ「ハリアー」が入っているだけで、意外に少ない印象です。20位まで見渡しても、14位にトヨタ「RAV4」、20位に日産「キックス」がランクインしているだけで、決してランキング上位をSUVが占めているとはいえない状況です。

 つまり、日本市場においてSUVは「トレンドとはいえるが、広く普及しているかといえばそうでもない」という立ち位置といってよいでしょう。

 しかし、日本市場においてSUVラインナップが増えていることは間違いありません。なぜ、絶対的な販売数としては、SUVは多いとはいえないにもかかわらず、自動車メーカーはそのSUVの車種を増やすのでしょうか。

 大きな理由は3つ考えられます。

 一つは、海外市場との兼ね合いです。

 たとえば日本メーカーにとって欠かせない北米市場は、2020年の乗用車販売(トラックを除く)において上位10台のうち6台がSUVです。

 その影響で、北米ではラインナップがすべてSUVになってしまった「リンカーン」や、17車種もあるのにセダンは激減して1モデルしかない「シボレー」のように、SUV前提で成り立っているブランドまで増えています。

 日本の自動車メーカーも、それらの地域で商売をするならばSUVを多く取りそろえ、それを日本でも販売することが、効率向上につながります。

 ちなみに北米の2020年乗用車ランキングで見ても、国産メーカーのトヨタ「RAV4」とホンダ「CR-V」はトップと2番手。日産「ローグ」(日本では「エクストレイル」)、マツダ「CX-5」、スバル「フォレスター」なども、北米では販売好調なSUVです。

SUVは利益率や「可能性」も見逃せない!?

 実は、日本で大人気の「ハリアー」も、北米では「ヴェンザ」として展開し日本以上に販売台数を稼いでいます。

 同様に、ヨーロッパでもSUV比率がぐんぐん上昇中。特に売れているのがコンパクトクロスオーバーSUVで、トヨタ「ヤリスクロス」やマツダ「CX-30」などは日本でも主力であると同時に、欧州市場での販売を前提として生まれたといってよいでしょう。

 SUVはグローバルで売ることを考えているから、日本にも用意しているのです。

 それは、日本メーカー以上に日本で売っているSUVの車種が多いドイツのメルセデス・ベンツをはじめ、BMWやアウディも同様といえます。

 もう一つは、利益率も注目すべき要素です。クロスオーバーSUVの場合、背の低いモデルよりも高い値段を設定することが一般的。具体的にいえばトヨタなら「ヤリス」よりも「ヤリスクロス」のほうが販売価格が高いし、ホンダでは「フィット」と「ヴェゼル」も同様の関係です。

 それらはSUVのほうが車両価格が高いだけでなく、ハイブリッド比率も高い傾向です。つまり非SUVよりも販売価格が高額となり、一台あたりの利益を増やすことができるのです。

 自動車メーカーとしては単純に販売台数だけでなく、利益も考えてSUVを多く売りたいところなのです。

 そして最後に、「SUVには可能性がある」というのも挙げられます。

 あまり販売台数の多くないSUVとはいえ、一方で、「ライズ」のように当たれば大ヒットすることもあります。セダンが斜陽となりヒットが見込めず、加えてミニバンも売れる車種が固定化されてきた今、セダンやミニバンよりもSUVのラインナップを増やすことがヒット車種を生み出す可能性が高いといえるでしょう。

 それらの結果、SUVの車種がどんどん増える状況になっているのです。

 ヨーロッパでは今、コンパクトカー販売の約半分がSUVという時代になりました。一度SUVを所有したユーザーは、乗り降りのしやすさ、良好な視界による運転のしやすさ、そして大きなタイヤにより段差などを気にしなくてもよいルーズさなどから、次もSUVを買う可能性が高いといいます。ここ日本でも、そんな状況になるのは時間の問題かもしれません。