中国の一汽トヨタが発表した「クラウンヴェルファイア」。もし日本市場に導入されたら、購入を検討する人はどれくらいいるのでしょうか。

ミニバンになったクラウンは“ピンとこない”?

 中国におけるトヨタの合弁企業の一汽トヨタは、上海モーターショーでクラウンブランドの高級ミニバン「クラウンヴェルファイア」を2021年4月19日に発表しました。

 海外市場の出来事とはいえ、クラウンブランドのミニバンが登場したことが日本でも話題となっていますが、はたして日本のSNSユーザーはミニバン化した“クラウン”に興味はあるのでしょうか。

 これまで、一汽トヨタは中国でヴェルファイアを展開してきましたが、かつて中国仕様のクラウン(セダン)を販売した実績があるという経緯もあり、今回一汽トヨタはヴェルファイアにクラウンブランドを付与。

 一汽トヨタは、今回の変更によって「クラウンヴェルファイアは中国市場におけるハイエンドMPV(マルチパーパス・ビークル:日本でいうミニバン)のベンチマークとなり、ユーザーにレベルの高いプレミアムな体験をもたらすことが可能となった」と説明しています。

 クラウンヴェルファイアは全車2+2+3の7人乗り仕様となり、大型ダブルサンルーフやJBLプレミアムオーディオシステム(17スピーカー)、16色のLEDアンビエント照明、2列目シートの専用読書灯といった豪華装備がすべてのグレードで標準装着。

 さらに、上級グレードでは2列目シートに小型テーブルが採用されるなどの変更があるほか、専用外装パーツで差別化されるなどの違いがあります。

 搭載されるパワートレインは全車2.5リッターガソリン+モーターのハイブリッド仕様で、システム最高出力は163馬力を発揮。駆動方式は電気式4WDです。

※ ※ ※

 中国市場でクラウンヴェルファイアが発表されましたが、日本市場のSNSユーザーはクラウンブランドのミニバンに興味があるのでしょうか。

 くるまのニュースでは2021年4月20日から同月23日まで公式SNSアカウントを介してアンケートを実施し、クラウンヴェルファイアに対するSNSユーザーの関心を調査しました。

 そのアンケートのなかで、「あなたはもしクラウンブランドを冠したミニバンが日本で発売されたら、購入を検討しますか?」という設問に対し、購入を検討すると回答した人の割合は5.4%となり、一方購入を検討しないと回答した人の割合は94.6%にのぼりました。

 そのうえで、クラウンヴェルファイアに対する意見としては、「どうせクラウンの名前を使うなら、まったく別のミニバンとして作っていただきたいところです」「日本でクラウンといえばセダンなので、ワンボックスカーになるとあまりピンときません」といった意見が寄せられました。

 また、「クラウンの名前とエンブレムを取って付けただけのような印象で嫌悪感があります」「車名の頭に何にでもクラウンを使うのは、辞めてほしいです」という意見もありました。

 一方、自らは購入を検討しないとしたものの、「個人的に興味はないですが、もしも日本市場に投入されたらヒットすると思います」「実際、日本でもクラウン(セダン)より『アルファード』(ヴェルファイア姉妹車)のほうが売れているので、クラウンの派生モデルとしての提案はありだと思います」という回答の人も存在しました。

 ちなみに、一汽トヨタは上海モーターショー2021でSUV化したクラウンとして「クラウンクルーガー」をクラウンヴェルファイアと同時に公開しました。

 くるまのニュースでは以前クラウンクルーガーについてのアンケートも実施していますが、「SUV化したクラウンの購入を検討する?」という設問に対し購入を検討すると回答した人は15.2%、購入を検討しないと回答した人は84.8%という結果でした。

 日本市場のユーザーの間では、やはりセダンタイプのクラウンに愛着を持つ人の割合が高いのかもしれません。