引っ越し時の負担軽減策として、クルマのナンバープレート交換を次回の車検時まで猶予する特例が設けられます。

オンライン申請で適用

 国土交通省は2021年5月11日、引っ越し時の負担軽減策として、クルマのナンバープレート交換を次回の車検時まで猶予する特例を設けると発表しました。

 引っ越し時は、クルマの登録検査や保管場所証明、税・手数料納付をオンラインで一括手続きできる「自動車保有関係手続のワンストップサービス」を利用できますが、それでもナンバープレートを交換するためには運輸支局などに出向く必要があります。

 今回創設される特例は、個人が住所の変更登録をオンラインで申請するときに、新旧車検証の交換を郵送でおこない、車検証の備考欄に旧登録番号(旧ナンバープレート番号)を記載することで、ナンバープレートの交換を猶予するというものです。

 これにより、引っ越し直後に、運輸支局などに車両を持ち込む必要がなくなります。

 新しいナンバープレートへの交換は、引っ越し後の落ち着いたタイミングで運輸支局などに出向くか、車検時に業者に依頼することで可能です。

 この猶予の特例を利用するかどうかは選択ができます。

 特例の運用は2022年1月から始まる予定です。