2021年5月12日にトヨタは、2020年度(2020年4月から2021年3月)の決算発表をおこないました。国産各社では軒並み厳しい結果となっていますが、トヨタの決算発表はどのような内容だったのでしょうか。

トヨタの2020年度決算は「新型コロナ禍」に負けなかった?

 トヨタが新型コロナ禍のまっただ中となる2020年度(2020年4月から2021年3月)の決算発表をおこなった。
 
 当期利益を見ると2兆2452億円となり、新型コロナ禍と関係無かった2019年度の2兆361億円を上回っており、数字で見る限りトヨタは、新型コロナ禍に負けなかったということになります。

 販売台数を見ると、新型コロナ禍の影響により2019年度の895万5千台から764万6千台に15%落ちている。

 内訳を見ると、新型コロナ禍で世界中の経済状況が悪化した2020年4月や5月は対前年比で半分以下になってしまったほど。そこから急速に販売台数を戻したのだから関係者全て努力したのだと思います。

 実際、新型コロナ禍を受け、多くの自動車メーカーは活動を休止してしまった。

 トヨタ社長の豊田章男氏は「自動車産業の活気が無くなったら日本の経済も回復しない」というリーダーシップの下、1回目の緊急事態宣言が終了するや、新型コロナ感染対策をしっかりおこなうと同時に新型車を次々出すなど、世界規模で明るく立ち回っています。

 同時にトヨタ全体でコストの見直しをおこなっています。長田執行役員によれば「200万台少ない台数で利益が出るようにしました」。

 800万台で利益の上がる構造にしておけば800万台売ると収益を出せるし、1000万台体勢で800万台しか売れなければ赤字になりますが、トヨタは半年くらいの間でシェイプアップしたということです。

 ちなみに新型コロナ禍により世界中でクルマが売れなくなっていた2020年5月時点の2020年度決算予想は、2019年度から80%減の5000億円。

 そこから3か月後で7300億円。さらに3か月後の11月には1兆4200億円にまでリカバリー。

「もしかしたら2020年度は前年並みに戻すのでは?」とウワサされていましたが、その通りになりました。

 気になる今後では、今回発表された2021年度(2022年3月まで)の決算予想は、販売台数を2019年度レベルまでリカバリーさせ、利益も2兆3千億円を目指すというものです。

 この目標、半導体不足などの影響も折り込んでいるそうで、余談ながら半導体不足、半導体業界との付き合いによって影響度合いが決まると聞きます。トヨタの評判良いようです。

 また、販売台数の改善と比例して利益が上がらない理由は、環境投資の増加を受けてのものだと思われます。

 世界規模で高まるカーボンフリー(当面は二酸化炭素排出量減少)に向け、広範の投資をしなければならない。

 メディアからの質問も「トヨタは電気自動車で遅れを取っているのでは?」。勉強不足の記者からすればそう思うでしょう。

 トヨタからの回答は「電気自動車は作れるが、現時点で電気自動車を出しても電池性能やコストなど顧客にとってやさしいと思えません。利便性の良い電気自動車を適宜出していきます」。

 クルマに乗らない記者からすれば、「カーボンフリー=電気自動車」しか考えられないのだと思います。客観的に考えたらトヨタの姿勢は理解出来ます。

 興味深かったのが長田執行役員のカーボンフリーに対するコメントです。

 曰く「電気自動車だけでなく、既存のクルマにeフューエルなどを使えるようにしていく方法もあるし、水素エンジンだって可能性があります」。

 モリゾウさんが「モータースポーツに使って鍛える」と切り込んだ水素エンジンまで候補に挙げました。カーボンフリーの「解」は電気自動車だけに限らないと思います。

※ ※ ※

 トヨタ決算発表の概要以外で自動車メディアからすると「あれれ?」だったのは、記者会見の同時中継画面の上に、トヨタのエンブレムとレクサスのエンブレムの他、GRのエンブレムが並んでいたこと。

 GR、ブランドとして存在感を出そうとしてきた。「文化=趣味」としてのクルマを大切にしていきたいという意思表示なのだと思う。クルマ好きからすれば嬉しい。

 また、記者から「なぜ豊田章男社長は決算発表に出席しなかったのか?」と質問が出ました。

 会見では、「自工会会長やモータースポーツでのモリゾウとさまざまな顔があるなかで、トヨタの意見が自工会の意見という混同する話も出てきたことから今回は欠席しました」と説明している。

 筆者(国沢光宏)が考える出席しなかった理由は、オリンピックについてコメントを求められたらウソを付けないからだと思う。

 メディアに正面から聞かれたら見解を述べなければならない。豊田章男社長、ここにきて率直な意見を述べるようになってきました。

 トヨタの根っ子に流れている精神は、顧客第一主義。日本人の総意を大切にして欲しいということなのだと予想します。