スバルは、トヨタと共同で開発を進めているSUVタイプの新型EVの名称を「SOLTERRA(ソルテラ)」に決定したことを発表しました。先行してトヨタは「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」のコンセプトモデルをお披露目していますが、両車にはどのような違いがあり、ユーザーはどのような部分を期待しているのでしょうか。

スバル新型SUVは「ソルテラ」に名称決定! トヨタ新型「bZ4X」との違いは?

 昨今、世界中の自動車メーカーが電気自動車(EV)を発表するなかで、スバルは開発を進めるSUVタイプの新型EVの名称を「SOLTERRA(ソルテラ)」に決定したことを発表しました。

 スバルとトヨタは、以前から共同でEVの開発を進めていますが、2021年4月19日に開催された上海モーターショーでは、トヨタが電動車のフルラインアップ化の一環として新EVシリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」を先行して発表。

 同時にシリーズ第1弾となるSUVタイプのEVとして「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」のコンセプトモデルを世界初公開しました。

 新型bZ4Xは、e-TNGA EV専用プラットフォームの採用やショートオーバーハング・ロングホイールベース化により、特徴的なスタイリングと、Dセグメントセダン並みの室内空間を実現しています。

 室内は、低いインストルメントパネルやステアリングホイール上方に配置したメーターによる開放感や視認性の向上とともに、更に安心・安全なドライビングに貢献。

 運転席には、操舵時に持ち変える必要がなく、広々としたスペースの演出にも寄与する異形ステアリングホイールと、意のままにスムーズな運転感覚をもたらすステアバイワイヤを採用しています。

 走行面では、スバルと共同開発した新AWDシステムを採用。電動車ならではの素早いレスポンスを生かした安全で気持ちの良い走りと、高い走破性を実現。

 回生エネルギーの活用に加え、停車中も賢く充電をおこないEVならではの環境性能をさらに上積みするソーラー充電システムを採用するなど、冬場でも不便を感じさせない航続距離を確保しているといいます。

 一方で新型ソルテラは、トヨタと共同開発したEV専用プラットフォーム「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM(イースバルグローバルプラットフォーム)」(以下e-SGP)を採用した初めてのスバル車で、CセグメントクラスSUVモデルのEVです。

 e-SGPは、フロント・センター・リアなど数種類のモジュールやユニットを組み合わせることで、さまざまなバリエーションのEVを効率的に展開することを可能にするプラットフォームだといいます。

 新型ソルテラの開発は、この新型プラットフォームだけでなく、商品企画、設計、性能評価などの多岐に渡ってスバルとトヨタが共同でおこなっており、スバルが長年培ってきたAWD技術とトヨタの持つ優れた電動化技術を活用。

 新型bZ4Xと新型ソルテラは、トヨタとスバルがそれぞれの強みを持ち寄ることで、EVならではの魅力を持つ新しいSUVづくりに取り組んでいます。

 新型ソルテラについてスバルは、「優れた操縦安定性や高い走破性を誇るAWD性能を備え、行く先を選ばない『安心と愉しさ』を提供するスバルらしいSUVという特徴を持つこのクルマで、お客さまと共に自然をもっと愉しみ、自然との共生をより一層深めていきたい」と説明しています。

※ ※ ※

 今後、新型bZ4Xは、日本と中国での生産を予定しており、2022年年央までにグローバルでの販売を開始する計画です。

 また、TOYOTA bZシリーズとしては、中国・米国・欧州など、EVの需要や再生可能エネルギーによる電力供給が多い地域で、2025年までに7車種を展開する計画となります。

 一方の新型ソルテラは、スバルの「アセント」「アウトバック」「フォレスター」「XV」からなるSUVラインナップに加わる新たなモデルとして、2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国などで発売予定だとしています。

新型bZ4Xと新型ソルテラの発表にユーザーはどのような反響なのか?

 トヨタとスバルの共同プロジェクトとして開発が進んでいるSUVタイプのEVですが、デザインに関してはトヨタが先行披露し、スバルは概要と名称のみの公表に留まっています。(2021年5月12日時点)

 ユーザーは新型bZ4Xと新型ソルテラについてどのような感想を持っているのでしょうか。

 今回、くるまのニュースでは新型bZ4Xと新型ソルテラについてアンケートを実施しました。

 最新名称のみが発表された新型ソルテラについての関心度を聞くと、「関心がある(94.7%)」、「関心がない(5.3%)」と9割以上の回答者が関心を示しているようです。

 一方で、5月11日の名称発表ではフロントライトのデザイン以外はシルエットの状態が明らかにされていますが、新型ソルテラのデザインについて、「期待する」(84.2%)、「期待しない」(15.8%)という結果が出ています。

 期待するという回答が多かった背景には、先行公開されている新型bZ4Xのデザインに反響が集まっていることが挙げられます。

 以前のアンケートで、新型bZ4Xのデザインに関する反響では「すごくカッコ良いと思う(33.3%)」「まあまあカッコ良いと思う(37%)」と全体の7割の回答者が評価しています。

 カッコイイと回答したユーザーの声として「複雑な面構成に見えるが、造形的には分かりやすい良いデザインだと思う。ふつうにかっこいい」「新しい感じで好感が持てる」「斬新」「過激だが造形に破綻がない。とくにボンネットからAピラー下を抜けていくラインは面白い入れ方をしている」といった声が見受けられました。

 こうした新型bZ4Xに関する反響もあり、スバル版となる新型ソルテラのデザインにも期待する回答者が多いと考えられます。

 また、前述の通り「スバルが長年培ってきたAWD技術とトヨタの持つ優れた電動化技術を活用する」と発表されていますが、「新型ソルテラにどのようなスバルらしさを求めますか?」という設問では次のような回答がありました。

「荒れ地を難なく走れるEVというものを見てみたい(が、ソルテラはおそらくオンロード向けだと思う)」

「舗装路はもちろん、濡れた路面や雪道などでの安定した走り。0次安全の追求」

「スバルのフルタイムAWDとトヨタのダイナミックトルクベクタリングの融合」

「EVということでスバルの代名詞である水平対向エンジンは搭載されないことを考えると、AWD技術による安定感とアイサイトの安全装備の充実に期待したい。また近年の国産車の価格は高いものが多いがスバル車のコストパフォーマンス性にも期待したい」

 このように新型ソルテラへの期待値が高いなかで、「日本市場で販売される際に適切だと思う価格帯はいくらですか?」という設問では次のような回答となっています。

 ・250万円未満:15.8%
 ・250万円以上300万円未満:26.3%
 ・300万円以上350万円未満:42.1%
 ・350万円以上400万円未満:10.5%
 ・400万円以上:5.3%

※ ※ ※

 これまで、新たに登場するEVに関してはそれほど期待値が高くなったといえる日本市場の反響ですが、トヨタとスバルがタッグを組んだSUVタイプのEVに関しては、多くのユーザーが興味を示しているようです。