警視庁の発表によると、最近自転車のトラブルの発生が多く見られるといいます。一体なぜ自転車の事故が多発しているのでしょうか。

仕事中の自転車と歩行者の事故は62.5%増加

 昨今、コロナ禍の影響で外出の機会が減る一方で、フードデリバリー市場が拡大しています。

 なかでも、自転車などでデリバリーを展開する業態が急速に増えていく一方で、そのような自転車の利用に関する悪質マナーや交通トラブルも増加しているようです。

 リサーチ会社のクロス・マーケティングは、2020年11月に全国の20歳から69歳までの男女を対象に「食品宅配サービス・フードデリバリーに関する調査」をおこないました。

 そのなかで、新型コロナウイルスの感染拡大によりフードデリバリーを利用したかという質問について、経験のあると回答した人は39.7%という割合になっています。

 また、利用頻度が増加したと回答した人は17.4%、感染拡大後に初めて利用したと回答した人は12.6%でした。

 このように、感染拡大の影響によりデリバリーサービスの利用が増加。あわせて、配達する自転車の数も増え事故やトラブルなどが多発しているといいます。

 全日本交通安全協会によると、2020年の交通事故の発生件数は30万9178件と、2019年と比べて18.9%減少しているにも関わらず、自転車事故は大きく増加しています。

 警視庁が発表している「自転車事故の推移(2020年中)」のデータの自転車関与率の推移をみると、2015年は32.3%、2016年は32.1%、2017年は33.4%、2018年は36.1%、2019年は39%、2020年は40.6%と、自転車事故の割合が増加傾向にあります。

 最近の自転車の事故について、警察関係者は以下のように話します。

「フードデリバリーサービスの利用が増えていることで自転車の事故が増加傾向にあるのは事実です。

 デリバリーサービスをおこなうなかで、自転車にスマートフォンホルダーを取り付けて、スマホで地図などを確認している人が多く見受けられます。

 ですが、それにより走行中に下ばかり見てしまい、急な飛び出しに気づかず衝突する可能性があります。

 そのため、腕にケータイを巻くアームバンドなどを使用し、周囲を確認しながら走行するのが良いでしょう。

 自転車走行中はしっかりとルールに従って安全に走行していただければと思います」

 また、実際にフードデリバリーサービスを自転車でおこなっている都内在住の20代男性は次のように話しています。

「2020年の中頃から、とあるフードデリバリーをやっています。自転車があれば気軽に始められるため、仲間内でも本業の合間にやっている人もいます。

 ただ、一時期始める人が多かったこともあり、都内では配達員が過剰に増えたことがありました。

 そうした際に、ひとつでも多くの依頼を受けようとして、信号無視や走行中のクルマをすり抜ける同業者を見たことがあります。

 またその頃からニュースなどでも取り上げられていましたので、仲間内ではルールを守るように心掛けていました」

※ ※ ※

 スマホを使用しながらの走行に関しては各地の条例により、自転車の運転中にスマホを保持して通話したり、画面を注視したりすることは禁止されています。

 東京都の場合、違反すると「10万円以下の罰金」が科せられることがあります。

 また、スマホを使用しながら運転して相手に怪我を負わせた場合は、重過失傷害罪などに問われたり、被害者から損害賠償を求められたりすることもあります。

 自転車は気軽に利用できることから、正しく乗る意識が少ない人もいるかもしれません。

そもそも「自転車」は軽車両扱い! どのような部分に注意すべき?

 自転車の事故を防ぐには、個人個人が意識して正しく自転車を走らせる必要があります。

 自転車は道路交通法で軽車両に分類され、違反をすると罰則が科せられる場合があります。

 また、軽車両である自転車は、交通標識に従うことが求められ、例えば「止まれ」の標識がある場合は自転車も停止線で一時停止する必要があります。

 交差点などで横断歩道を通行する場合は、基本は押して渡ると定められており、例外として、歩行者の通行を妨げる恐れがない場合にのみ、乗ったまま通行することが認められています。つまり、基本は車道を通行するということです。

 しかし、歩行者用信号機に「歩行者、自転車専用」と表示されている交差点では、自転車横断帯を通行します。

 車道を走行する場合、自転車は左側を通行する義務があるため、幹線道路の大きな交差点など左折専用の通行帯のある交差点を直進する場合も、左折通行帯を直進しなければなりません。

 昨今の自転車事故の増加を受けて、警察も自転車への取り締まりを強化しています。

 一時期社会問題にもなりましたが、いわゆる「ピスト」と呼ばれる競技用自転車で公道を走行し、ブレーキの不良で検挙されるケースがありました。

 自転車のブレーキについては法令で「ブレーキは前輪及び後輪にかかり、時速10キロメートルのとき、3メートル以内の距離で停止させることができること」と定められています。

※ ※ ※

 コロナ禍による外出自粛で交通事故は減少していますが、配達中の自転車事故は増加傾向にあります。

 デリバリーサービスは競争が激しく、勤務条件の厳しい仕事とのことですが、自転車も乗り方によっては凶器にもなることを忘れず、安全に配達をお願いしたいものです。