コスタリカにおけるトヨタ車のラインナップのなかに、「ヤリスタクシー」が存在します。日本では知られていないタクシー仕様のヤリスの正体は、いったいどのようなものなのでしょうか。

「ヤリスタクシー」はどんなタクシー?

「ヤリス」は日本でも人気の高いトヨタの小型車で、2020年の国内登録車販売台数ランキングでは首位を記録。2021年5月現在、日本ではヤリスシリーズとしてコンパクトカーのヤリス、小型SUVの「ヤリスクロス」、ホットハッチの「GRヤリス」が存在しますが、タクシー仕様の設定はありません。

 一方、海外にはタクシー仕様の「ヤリス」が存在するというのですが、いったいどんなモデルなのでしょうか。

 日本で販売されるヤリスは、2019年10月に世界初公開されたモデルで、日本のほかに欧州などで販売されています。

 一方、東南アジアや中国、南米などでは、異なるボディのヤリスが販売されています(地域によっては「ヤリスアティブ」など別の車名で販売)。

 コスタリカで販売されるヤリスも、日本で販売される仕様とは異なるモデルで、乗用車としてハッチバックの「ヤリスHB」とセダンの「ヤリスアドバンス」をラインナップ。

 そして、ヤリスアドバンスがベースとなる「ヤリスタクシー」は、ボディサイズが全長4425mm×全幅1730mm×全高1475mmの5人乗りで1.5リッターエンジンを搭載し、トランスミッションはCVTと5速MTのいずれかが組み合わされます。

 コスタリカでの価格は2万1600ドル(約235万円)です。

 ちなみに、コスタリカではカローラ(グローバル仕様のハイブリッド・セダン)ベースのタクシー「カローラタクシー」も販売されており、価格は2万9900ドル(約326万円)に設定されています。

※ ※ ※

 各メーカーとも海外では独自のモデルを販売していますが、なかでも中南米は現地のニーズに対応したユニークなモデルが多い印象があります。

 たとえば、ブラジルでは先代のスズキ「ジムニー」が新車で販売されていたり、メキシコ日産の「マーチ」は独自のデザインを採用しています。

 国内メーカーは世界中にブランドサイトがありますから、チェックしてみるとおもしろいクルマが見つかるかもしれません。