キャデラック初のコンパクトSUVとして2021年1月に上陸した「XT4」は、全長4605mmと日本の道路事情にマッチしたサイズのアメリカンSUVとして注目が集まる。どんなクルマなのか、実際に都内で試乗した。

キャデラックSUV4兄弟の末弟という立ち位置のXT4

 世界のラグジュアリーカーブランドの、アメリカ代表といえるのがキャデラックだ。

 代表的なセダンに加え、最近ではSUVにも力を入れている。これは世界的なブームなのだが、とくにアメリカではSUVが好まれているからだろう。

 キャデラックのSUVは、ミドルサイズの「XT5」、3列7人乗りのラージサイズ「XT6」に加え、日本で登場したばかりのコンパクトSUV「XT4」、そしてフルモデルチェンジして2021年秋にも日本に上陸するフルサイズSUVの新型「エスカレード」で、最新の4車種のラインナップが完成する。

 キャデラックSUVファミリーの中で一番コンパクトなモデルがXT4だが、日本では2021年1月に発表、同年2月からデリバリーが始まったばかりだ。そんなXT4の試乗会が開催されたのでインプレッションをお伝えしよう。

 XT4のボディサイズは全長4605mm×全幅1875mm×全高1625mm、ホイールベースが2775mmだ。ゼネラルモーターズ・ジャパン(日本GM)のリリースは「キャデラック初のコンパクトSUV」と謳うが、トヨタ「RAV4」(全長4600mm)マツダ「CX−5」(全長4545mm)と、国産ミドルクラスSUVと肩を並べる大きさだから、日本では決してコンパクトではない。

 外観は堂々としたキャデラックの風格を感じるが、張り出したフェンダーや後ろに行くに従い持ち上がってくるウエストライン、さらにCピラーの傾斜などから、いかにもスポーティな印象も強く受ける。XT4はキャデラックのSUVファミリーのなかでも若い層にアピールするようにデザインされているのだ。

 今回試乗したのは、最上級グレードの「XT4プラチナム」である。

 XT4は3グレードが用意され、このプラチナムと「スポーツ」には20インチタイヤ、標準ともいえる「プレミアム」は18インチタイヤを履く。試乗車には245/45R20 99Vというサイズのコンチネンタルのプレミアムコンタクト6を履いていた。

 アメリカ車なのにドイツのタイヤブランド?と思うかもしれないが、このタイヤはトータルバランスに優れていて、グリップ力、燃費、耐久性、音と乗り心地の快適性、もちろんコンチネンタル得意のウエット性能も含めて高いレベルにあるから安心していい。

 エンジンは2リッター直列4気筒直噴ツインスクロールターボでフロントに横置きされる。全輪駆動(FWD)がベースだが、日本仕様はすべて4輪駆動(AWD)になる。最高出力230ps/5000rpm、最大トルク350Nm/1500-4000rpmを誇る。

 新設計のエンジンだけあって環境性とパフォーマンスの両立が図られている。信号で止まったときのアイドリングストップ、筒内直噴、シリンダー毎に空気・燃料を測定して最適な噴射をするシリンダーセットストラテジーという技術も盛り込まれている。

 さらに9速ATと組み合わされることによって、滑らかな加速とスピードと負荷による最適なギアを選べるから、ここでも環境性とパフォーマンスの両立が実現できている。ちなみにセレクターレバーは電子シフトを採用しているから、シフトレバーが「D」か「R」に入っているときにエンジンオフにすれば、自動的にPレンジに入ってくれる。

 後輪は左右トルク配分が可能なトルクベクタリングが組み込まれていて、スポーツモードでその威力が発揮される。ドライブモードによる選択でFWD固定も可能だ。

クセがなく安定した走り

 走り始めると、エクステリアから受ける印象よりソフトな乗り心地で安心した。路面の凹凸や段差などはタイヤがうまくいなし、快適だった。サスペンションのストロークもあり、大きなうねりなども吸収してくれる。

 かといってソフト過ぎることはなく、1780kgの車重をしっかりと受け止め、首都高速のコーナリングでもロール角はうまく抑えて、安定したコーナリングができる。当日はウエット路面だったが、しっかりとしたグリップをステアリングを通して感じることができた。

 ステアリングのニュートラル付近の遊びも小さく、操舵による反応もクセがなく自然だった。シャープ過ぎず、誰にでも優しい感じで良かった。

 プラットフォームはセダン用の「グローバルイプシロン」からSUV用に進化させたXT4専用アーキテクチャーを採用している。乗ったときのしっかり感だけでなく、乗り心地とハンドリングを両立させているのも、XT4専用に仕立てただけのことはある。

 ナビなどのインフォメーションのモニターは8インチと、最近のクルマとしては大きくはないが、必要なだけの面積は確保されている。通常のナビも日本語表示でストレスなく使えるが、AppleCarPlayやAndroid Autoにも対応している。ステアリングスイッチで操作もできるし、センターコンソールにあるダイアルでも操作しやすい。

 インストルメントパネルは左側にタコメーター、右側にスピードメーターがレイアウトされているが、その中間部分は様々なインフォメーションを表示できるカラー液晶メーターがある。

 ここにはドライブモード(ツーリング、AWD、スポーツ、オフロード)、前方の車両との車間距離(秒)、ドライバーアシスト、バッテリー電圧(V)、自車速度(km/h)、トリップデータ(km、L/100km)、レンジ(km)、オイルライフ(%)、タイヤ空気圧(kPa)、エアフィルターライフ(%)、燃費(L/100km)、平均スピード(km/h)、タイマー…と、さまざまな情報を指先の操作だけで表示し、切り換えることができるから相当に便利だ。

 またクルマ自体がアメリカの基準で作られているので、衝突時やADAS作動時にはイベントデータレコーダー内にクラッシュデータがメモリーされるという。万が一の際には詳細データを引き出して確認することができる。

 乗り心地やハンドリングだけでなく、このような装備に関しても米国を代表するプレミアムブランド、キャデラックにふさわしいSUVに仕上がっている。

 ひとつだけ気になるのは、全グレード左ハンドルの設定だということだ。現在日本で展開されるキャデラックのSUVは、XT5もXT6もすべて左ハンドル仕様になる。

 確かにアメリカンSUVならではの雰囲気が味わえるかもしれないが、その点は敷居が高く感じてしまうかもしれない。

Cadillac XT4 Platinum
キャデラックXT4プラチナム

・車両価格(消費税込):640万円
・全長:4605mm
・全幅:1875mm
・全高:1625mm
・ホイールベース:2775mm
・車両重量:1760kg
・エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ
・排気量:1997cc
・駆動方式:4WD
・変速機:9速AT
・最高出力:230ps/5000rpm
・最大トルク:350Nm/1500−4000rpm
・タイヤサイズ:245/45R20