新車販売の約99%がAT車といわれている現在、少数派のMT車にあえて乗ることにどんな意味があるのでしょうか。実際にMT車に乗っている現役オーナーに、MT車を選んだ理由について聞いてみました。

すべてを自分で操作するMT車は運転の上達が実感できる

 日本国内における新車販売において、いまではAT車がおよそ99%を占めているといわれています。これはCVTやDCTなども含めた数値ですが、MT車はわずか1%程度と少数派になってしまいました。

 以前から乗っているクルマや中古車での購入するケースもあるため、実際に街を走っているクルマのMT車の比率はもっと多くなりますが、それでもMT車が少ないという現状は変わりません。

 レアな存在となったMT車ですが、オーナーたちはどのような思いでいるのでしょうか。AT車全盛のなか、あえてMT車を選んだ理由を聞いてみました。

 MT車を選んだ理由としてもっとも多かった回答は、「操作している感があるから」というものです。

 1990年にポルシェが「911カレラ2」用に「ティプトロニック」を登場させて以来、ATでも任意のギアを選べるマニュアルシフト機構付きが増えましたが、それでもMT車ですべてを自分で操作したいという声は一定数あるようです。

 MT車といえばスポーツカーですが、販売の約75%がMT車というマツダ「ロードスター」に乗るMさん(30代)は、次のように話します。

「オートマモードとマニュアルモードがあって自動の楽さと操る楽しさの両方を使い分けられる最近のATやDCTは魅力的です。

 ですが、クラッチを踏むのがアクセントになるというか、運転全体にリズムが出てくるんです。リズム良く走らせることができたときの『クルマを操ってる感』は格別です」

 同じくロードスターを所有するYさん(20代)もMT車を選んだ理由として「操作している感」をあげ、「とにかく楽しい」と魅力を語ってくれました。

「操作に忠実な『人馬一体』を目指したロードスターを満喫するなら、やはり変速も自分でするのが1番だと思いMT車を選びました。シフトチェンジのときにアクセルを抜いたり煽ったりして回転数をあわせると、スッと吸い込まれるようにギアに入ると最高に気持ち良いんです。回転数があってなくて失敗すると抵抗感があったりギアが鳴いたりするんで、そのときはもっと練習しなくちゃ、もっと上手くなりたいって思います」

 近年はトヨタの「iMT」やホンダの「レブマッチシステム」など回転数を自動調整してくれるMTも登場しましたが、それだと楽しみが半減してしまうのだとか。

 実用的なハッチバック車であるスバル「インプレッサスポーツ」(4代目)のMT車に乗るSさん(40代)は次のように話します。

「スポーティなイメージが強いインプレッサですが、1.6リッターエンジンを搭載するごく普通のハッチバックもあります。115馬力とちょっと非力なので、パワーを存分に活かすためにMT車を選びました。

 ATのように自動でシフトアップすることがないので、最高出力を発生する5600回転まできっちり回してパワーを使い切ることができて気に入っています。もちろん、いつもそうしているわけではありませんが」

 ロードスターの2人はギアチェンジという行為に、インプレッサスポーツのSさんはどちらかというとクルマの性能を使い切ることに「操作感」を見出している様子です。

 ひと口にMT車を選ぶ理由は操作している感があるからといっても、好みや車種により異なることがわかります。

性能面は最新AT車が有利? MT車ならではのメリットは?

 MT車を選んだ理由で、操作感の次に多かったのが「MT車しか設定がなかったから」というものです。

 MT車しか設定がないモデルといえば、少し前まではスバル「WRX STI」がありましたが、いまは販売終了しています。

 また、MT車の設定しかないホンダ「シビックタイプR」も現行モデルは予定の販売台数が完売。現在は新車で購入することができなくなっており、MT車しか用意していない国産の乗用車は存在しません。

 細かく見れば、トヨタ「GRヤリス」の1.6リッターターボ車やトヨタ「カローラ/カローラツーリング」の1.2リッターターボ車のように、MT車しか設定されないグレードは存在しますが、今回のインタビューで「MTしかなかった」と答えたのは少し前のモデルのオーナーだけでした。

 変わったところでは、スズキの先々代「ジムニー」(2代目)オーナーのTさん(30代)の「ATもあるんですが3段ATなので……」というもの。高速走行時の静粛性や燃費性能などからAT車は実質「ない」との判断で、5速まであるMT車を選んだというケースもありました。

 同じように実質「ない」と考えてMT車を購入したというのが、アルファロメオ「アルファ147」が愛車のMさん(40代)。

 同車には「セレスピード」と呼ばれるセミATがラインナップされていましたが、当時としては先進的なメカニズムゆえ熟成不足と故障への不安を感じ、「オーソドックスなMT車しかない」と選んだのだそうです。

 かつては変速の速度や燃費はMT車のほうが優れていましたが、進化を遂げた現代のAT車に性能面では敵いません。

 MT車にメリットを見出すとしたら、それは部品点数の少なさによる「軽さ」や「トラブルの少なさ」で、Mさんのアルファ147のMTは理にかなった選択といえるでしょう。

 そのほか、「AT車みたいに踏み間違えによる誤発進がないから」という意見もありましたが、クルマが動いている状況でブレーキと間違えてアクセルを踏んでしまった場合はAT車もMT車も関係なく加速してしまうため、どちらにせよ注意は必要です。

※ ※ ※

 MT車をチョイスする理由はさまざまですが、どのオーナーも一様に、99%がAT車という現状や今後を憂いていました。

 その理由は「次に欲しくなるクルマにMTの設定がないかもしれない」といったもので、ほとんどの回答者が次のクルマもMT車を選びたいと考えていることが分かります。

 2019年にはAT限定免許取得者の比率はおよそ68%を占めており、この比率は年々上昇していますが、逆に32%はMT車も運転できる普通免許を取得しているともいえます。

 新車で買えるMT車はどんどん減っているなかでも、MT車を運転できる人はそこまで減っていないともいえ、将来的には中古MT車の需給バランスから相場が高騰する可能性もありそうです。

 MT車愛好家にとってはますます苦難の時代となるかもしれません。