漆黒のブガッティ「ラ・ヴォワチュール・ノワール」が、2年の開発期間を経てついに完成した。どうしてワンオフモデルに2年もの時間を費やしたのだろうか。

黒い彗星、2年の歳月を経てついに完成!

 今から2年前、2019年のジュネーヴ・ショーに黒い彗星のごとく現れたブガッティ「ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noire)」。1930年代のブガッティ「T57SCアトランティーク」にオマージュをささげるべく誕生し、たったひとりのエンスージアストのために創られるワンオフ車両は、発表から2年もの歳月をかけた大規模な開発作業とテストののち、まもなく正式にブガッティの「アトリエ」をあとにするという。

「ラ・ヴォワチュール・ノワールが完成することによって、私たちは世界でもっとも洗練されたハイパースポーツカーを開発する能力を再び実証することになるでしょう」

 ブガッティ・オトモビルCEOのステファン・ヴィンケルマン氏は、プレスリリース内で語っている。

「クーペの息をのむような彫刻は、漆黒のカーボンファイバーを採用したことにより、とくにエレガントに映ることでしょう。このワンオフ車両は、純粋なビジョンから実現に至った真のグランドツアラーであり、ブガッティの創造性と芸術性を表す唯一無二のプロジェクトでもあります。先駆的な精神、完璧への情熱、そして自分自身の限界に何度も挑戦したいという願望は、110年以上前に会社が設立されて以来、ブガッティを特徴づけてきたものなのです」

 フランス語で「黒いクルマ」を意味する「ラ・ヴォワチュール・ノワール」という車名は、自動車界におけるもっともミステリアスなクルマにちなんだもの。ブガッティの開祖エットレ・ブガッティの息子ジャンは、1930年代末におけるもっとも完璧で最速のスーパーカーとして、わずか4台が製作されたT57 SCアトランティークの1台に「ラ・ヴォワチュール・ノワール」と名づけ、自ら開発やテストドライブも担当した。

 ところがこの車両は、第二次世界大戦の直前に跡形もなく姿を消す。現在では、ナチスが旧ソ連のエカテリーナ宮殿から持ち去った「琥珀の間」のごとく、自動車界における最高のミステリーのひとつとして語り継がれている。そして、計り知れない価値のある1台とされている。

 T57アトランティークへのオマージュは、ブガッティ社デザインディレクターのアヒム・アンシャイト氏が長らく夢見ていたアイデアだったという。しかし、この貴重なプロジェクトの実現には、何年もの歳月を要した。

「私たちは、ラ・ヴォワチュール・ノワールを開発するという考えに畏敬の念を持っていました」と、アンシャイト氏は説明する。

 失われたオリジナル「ラ・ヴォワチュール・ノワール」の彫刻的な美しさは永遠に唯一無二ものものといえよう。ジャン・ブガッティは、自動車デザインについて父エットレ譲りの才能を持ち、とくにT57シリーズでは劇的ともいえる美しさを誇るコーチ(サルーン)やクーペを開発。そしてアトランティークで、ジャン・ブガッティは自動車史に輝く傑作を遺すことになる。

 その素晴らしき先達を再解釈するために、現在のブガッティ社デザインチームは、過ぎ去った時代のテクノロジーやマテリアル、クリエイターの想いを理解し、この作品を21世紀に更新する必要があったのだ。

オーナーは、故ピエヒ氏? それともサッカー選手のロナウド氏?

 ラ・ヴォワチュール・ノワールは、本質的な美しさを強調するために無駄なラインを減らしたこと、あるいは巨大かつ支配的なリアウイングを廃したこともあって、オリジナルのアトランティークと同じくらいに「ミニマリスト」的なデザイン哲学のもとに開発されたクーペとなっている。

 デザイナーはオリジナルであるT57アトランティークの精神を再解釈し、文体的かつ技術的に特定の形状を開発した。このデザインワークには「シロン」より大幅に拡張されたノーズや、T57SCアトランティークの「背びれ」を昇華したルーフ中央を前後に縦断する背骨のようなライン、そして古典主義的なリアエンドが含まれる。また、フロントバンパーはボディワークに穏やかに融合され、フロントガラスはヘルメットのバイザーのようにサイドウィンドウと繋がっているようにも見えるだろう。

●開発・テスト期間に2年を費やして完成

 視覚的な流れを中断するような破壊的ラインがボディのどこにも存在しないことは、すべての面が一体化されているように見えることを意味する。これにより、車体の姿勢をハイパースポーツカーから上質なグランドツアラーへと変貌させているのだ。

 またいくつかの驚異的なディテール、たとえば一面ごとに25個以上のLEDライトが組み込まれたヘッドライトや、完璧に見えるように磨き込まれている3Dプリントされたフロントグリルの各セルは、プロポーションの美しさを大いに引き立てている。

 さらに、エレガントなテールランプによって収束されるリアは、継ぎ目のないシングルピースのサラウンド形状を成している。そしてテールエンドにずらりと並ぶ6本のマフラーカッターもまた、アトランティークへのオマージュである。

 いっぽうインテリアについても、ブガッティはT57SC版「ラ・ヴォワチュール・ノワール」に基づいて、ハバナブラウンのグレインレザーで完全に仕立てた。この天然素材はセンターコンソールやドアの様々な部位で、特別に研磨されたアルミニウム製キャッピングと美しいコントラストを見せる。またドライビングモードは、洗練されたローズウッド製スイッチひとつで切り替えられることになっている。

 アンシャイト氏は、このクルマについて以下のコメントを記している。

「ラ・ヴォワチュール・ノワールは、例えばブガッティの聖地モルスハイムからエットレの故郷ミラノを目指すドライブなど、長距離を走るには究極の夢のクルマです。完璧な美しさとパワフルなドライブの組み合わせは、このワンオフ車で最高潮に達します」

 ただ1台のみ製作するモデルであるにもかかわらず、ブガッティは2年の歳月を費やして、ほかのハイパースポーツカーたちと同様の基準でラ・ヴォワチュール・ノワールを開発した。新規設計されたすべてのパートは、厳格なブガッティのテストと品質規格に合格しなければならなかったからだ。風洞実験およびテストベッドでの試験、そしてテストトラックや全スピード域をカバーする敷地外テスト走行を敢行するとともに、広範なシミュレーションもおこなわれている。

 そしてボディワークやクーリング系、熱力学、ホイールベースなどに大幅な変更を加えた結果、完璧なバランスが得られた。

「ラ・ヴォワトゥール・ノワールは1回限りですが、テスト車両を使用して、ハンドリングや運転安全などのすべての分野で開発とテストをおこない、承認を得るために2年間を費やしました」と、ブガッティのコーチビルディングプロジェクトの責任者であるピエール・ロンメルファルガー氏はコメントしている。

 ステファン・ヴィンケルマンCEO曰く「ラ・ヴォワチュール・ノワールは、私たちの長い伝統、フランス、ジャン・ブガッティの創造的な作品に敬意を表しています。同時に、我々は新しい時代の優れた技術、美学、そして極上の贅沢をもたらしています。ラ・ヴォワトゥール・ノワールは自動車工学の最先端にあるとともに、独自の技術を誇る彫刻のような美術品でもあるのです」

 この一品製作のラ・ヴォワチュール・ノワールは、2年前の初公開の時点で、すでに1100万ユーロ(税別)、つまり約14億円という驚くべき価格で、さるブガッティ愛好家に販売されていた。

 現時点では明かされていない購入者については、発表時の巷のうわさでは元VWグループ会長で、現在のブガッティ復活の立役者である故フェルディナント・ピエヒ博士、あるいはサッカー界の現役レジェンドで、先ごろ同じブガッティから「チェントディエチ」を購入したと伝えられたばかりのクリスティアーノ・ロナウド氏の名前が取りざたされていたが、ピエヒ博士が鬼籍に入った今となっては、やはりC.ロナウド氏とみるべきであろうか?それとも、まったく別の人物なのか?

 今後の続報が待たれるところである。