オーテックジャパンが、日産の新型コンパクトカー「ノート オーラ」に助手席回転シートを設定しました。どのような装備なのでしょうか。

「助手席回転シート」を設定し2021年秋に発売

 2021年6月15日、オーテックジャパンは、日産の新型コンパクトカー「ノート オーラ」に助手席回転シート仕様を設定しました。

 オーラの助手席回転シートは、簡単な手動操作により助手席を車外に向けて回せます。

 体の不自由な人の乗り降りがしやすくなるほか、スカートや和服を着た人も足をそろえてスマートに乗り降りすることが可能です。

 シートはベース車と同様、人間工学に基づき疲労が軽減するように設計された「ゼログラビティシート」を採用。

 さらに、メーカーオプションの「BOSEパーソナルサウンドシステム」を選択した際は、ヘッドレストにもスピーカーが配され、よりプレミアムな音響を楽しめるといいます。

 車両価格(消費税込)は、2WD仕様が270万9300円、4WD仕様が296万7800円です。

 ノートオーラは、コンパクトカー「ノート」をベースにしたグレードアップモデルです。

 全幅はノートより大きい1730mmで3ナンバーサイズに。フロントフェイスや内装もノートとは、異なる意匠や高い質感のものが採用されています。

 搭載される電動パワートレイン「e-POWER」の駆動用モーターもノートよりパワーアップしており、新型オーラ(2WD仕様)のフロントモーターは最高出力136馬力・最大トルク300Nmです。2021年秋の発売が予定されています。