2021年6月18日にホンダの高級ブランドとなるアキュラは、新型「MDXタイプS」を公道デビューさせました。米国市場にて2021年内に発売されるという新型MDXタイプSとは、どのようなモデルなのでしょうか。

355馬力の爆速SUV新型「MDXタイプS」とは

 ホンダの高級ブランドとなるアキュラは、2021年内に新型「MDXタイプS」の米国市場発売を明らかにしており、同年4月には正式発表に先駆けて動画にてお披露目されていました。

 アキュラのSUVとして初となる高性能なMDXタイプSとは、どのようなモデルとなるのでしょうか。

 タイプSは、アキュラブランドにおいて高性能モデルを象徴するものとなり、1997年の「NSXタイプS」から始まります。

 その後、「CL」「TL」「RSX」と相次いでタイプSをラインナップしていましたが、2008年に登場した3代目TLを最後にタイプSは設定されていませんでした。

 しかし、2021年に「TLXタイプS」が登場したことで、アキュラブランドの新たなタイプSモデルが復活。

 新開発の3リッターV型6気筒ターボと10速ATを組み合わせて最高出力355馬力を発生させています。

 さらに、高い性能を発揮する足回りや四輪駆動制御(SH-AWD)などを採用することでアキュラにおけるもっともスポーティなセダンとなっています。

 一方でMDXタイプSは、復活第二弾モデルとして登場。正式発表はまだですが、2021年4月21日にアキュラが公開した「タイプSヒストリー」の動画にて存在が明らかにされました。

 MDXタイプSは、ベースとなるMDXの2022年モデルとして登場することが予想され、アキュラのSUVとして初めてタイプS」のバッジを冠したモデルです。

 パワートレインは、TLXタイプSと同じく最高出力355馬力を発生させる3リッターV型6気筒ターボと10速ATを組み合わせているほか、SH-AWDも標準装備。

 なお、TLXとMDXそれぞれのタイプSに搭載されるエンジンは、NSX用の専用ツインターボを手掛けたチームなどによってタイプSモデル専用のエンジンとして開発されました。

※ ※ ※

 今回、2021年6月18日には同市場で開催される「パイクスピークインターナショナルヒルクライム」に出場するアキュラチームのけん引車としてデビューします。

 このレースには、2台のTLXタイプSとNSX(タイムアタック仕様)が参戦しますが、MDXタイプSはオハイオ州レイモンドのチームショップからコロラド州パイクスピークまでTLXタイプSレースカーの1台をけん引して、競技中にアキュラチームをサポートします。

 なお、北米のようなSUVやピックアップトラックが多くラインナップする市場では、モーターハウスやボートなどをけん引するニーズが高いことから、けん引性能をセールスポイントとしています。

 そのような背景もあり、今回パイクスピーク参戦車両をけん引することで、けん引車としての実力をアピールする目的があるとみられます。ちなみにMDXタイプSは最大けん引力5000ポンド(約2268kg)を発揮するなど、けん引車として十分な性能を持っています。

 MDXタイプSの正式発表は、2021年後半の発売日が近づくタイミングで明らかになるようです。