トヨタ新型「ランドクルーザー(300系)」が2021年夏以降に世界各地で発売される予定ですが、新型モデルは盗難対策も施されているといいます。新型ランクルにはどのような方法で盗難を防止するのでしょうか。

新型ランドクルーザーに搭載される指紋認証システムとは?

 トヨタの新型「ランドクルーザー」(300系)が2021年6月10日に世界初公開され、同年夏以降に世界各地で発売される予定です。
 
 14年ぶりにフルモデルチェンジした新型ランドクルーザーは、よりワイルドになったエクステリアデザインに最先端のコクピットを採用していますが、セキュリティ面でも大きな進化を遂げているようです。

 新型ランドクルーザーは、新開発のTNGAプラットフォーム(GA-F)に同じく新開発の3.5リッターV型6気筒ガソリンエンジンおよび3.3リッターV型6気筒ディーゼルエンジンを搭載し、耐久性や悪路走破性を高めました。

 また、200kgという大幅な軽量化を実現。新開発のプラットフォームやエンジンの搭載も相まって、従来モデルより燃費性能も向上しています。

 大幅に魅力を高めた新型ランドクルーザーですが、従来モデルは盗難被害に遭いやすいモデルとしても知られています。

 海外でも愛用者が多いランドクルーザーのパーツは海を渡って高値で取引されることから、窃盗団から狙われやすいモデルのひとつです。

 最近では、スマートキーの電波を傍受する「リレーアタック」という方法での窃盗が横行しており、自宅の駐車場で施錠した状態のクルマも盗難被害に遭うケースが増加。

 そこで新型ランドクルーザーは盗難防止機能を強化。指紋認証によるエンジンスタート機能が搭載されます。

 スタートプッシュボタンに指紋認証機能が組み込まれており、事前に登録してあるユーザーの指紋と合致した場合にエンジンが始動する仕組みが取り入れられました。

 これにより、運転を許可された人を正確に識別し、盗難による被害を減らすことができるというわけです。

 ドライバーがドアハンドルを握って開錠したときにも認証がおこなわれ、シートやハンドルのポジションをドライバーごとに設定する機能も搭載。

 個人別の設定は空調設定やミラー、ディスプレイの表示などでも有効で、ドライバーの好みにセットしてくれます。

※ ※ ※

 指紋認証システムはロシアではオプション設定されることが明らかになっていますが。中東で発売されるタイミングでの搭載を検討中とのことです。

 盗難被害がもっとも多いといわれるランドクルーザーだけに、指紋認証システムは日本仕様にもぜひ取り入れてもらいたい機能のひとつでしょう。