密を避けられるレジャーとしてキャンプが人気ですが、キャンプへ行くにはクルマが欠かせません。キャンプに最適なキャンピングカーのなかから、スゴいモデルを紹介します。

全長約10m! ゴツすぎるファミリー向けのキャンピングカーとは?

 新型コロナ禍において、密を避けられるアクティビティとして「キャンプ」が人気を集めています。

 キャンプへ行くときは、バスや電車といった公共交通機関よりもクルマが圧倒的に便利。荷物をたくさん積めたり、車内で寝泊まりすることもできるなど、キャンプにクルマは欠かせない存在だといえます。

 普通のクルマでもキャンプへ行くことはもちろん可能ですが、今回はキャンプに最適なインパクト大のモデルを紹介します。

全長約10m! ゴツすぎるファミリー向けのキャンピングカーとは?

●アクションモービル「ローブクルーザー7500」

 オーストリアのアクションモービル社が手掛ける「グローブクルーザー7500」は、規格外のサイズやスペックを誇るキャンピングカーです。

 ボディサイズは全長9900mm×全幅2500mm×全高3850mmと超大型。6輪を駆動して走行します。

 最高出力540馬力を発揮するディーゼルエンジンを搭載。ボディ後部に専用の台を装着することでバイクなどを運ぶことが可能です。

 軍用トラックのような迫力満点のボディの内部には清潔感あふれる広々とした空間が広がり、電子レンジやIHコンロ、冷蔵庫、洋式トイレなど、車内で快適にすごせる装備を完備。

 800mm×600mmのテーブルの周りにはコの字型のソファが設置され、家族や仲間とゆったりくつろぐことができます。

 さらに、本格的なベッドが複数装備され、小さいベッド(二段ベッド)はマットレスのサイズが奥行き1800mm×幅700mm。大きいベッドは奥行き2000mm×幅1630mmで、大人ふたりが寝られるスペースを確保しました。

 約10mのグローブクルーザー7500は法律上では日本でも走行可能なサイズですが、日本の道路環境や駐車場事情などを考えると、走行ルートや目的地は慎重に選ばないといけないでしょう。

 なお、グローブクルーザーシリーズとして、ほかにも「グローブクルーザー6500」や「グローブクルーザー7000」などがあり、アクションモービル社は「ファミリー向けの完璧な全輪駆動キャンピングカー」と紹介しています。

EVピックアップや高級ブランドのミニバンでもキャンプ可能!

●アルファ「ウルフプラス クラウドブレイク」

 アメリカの新興EVメーカーであるアルファは、ドイツのエアフレームテントブランド「ヘイムプラネット」とコラボレーションした「ウルフプラス クラウドブレイク」を2021年6月10日に発表しました。

 ベース車となった「ウルフプラス」はアルファの4人乗りEVピックアップトラックで、ボディサイズは全長5150mm×全幅1980mm×全高1760mm。

 荷台は長さ1652mm×幅1490mm×荷台高458mmで、トラックベッドエクステンダーヒッチを取り付けることで荷台の長さを1016mm延長することができます。

 荷台と接続されるのはヘイムプラネットのクラウドブレイクテント。テントのサイズは長さ4358mm×幅3729mm×高さ2321mmと、車両寸法に合うようにテントの形状が設計され、一体感のあるスタイルを実現しました。

ウルフプラスは最新のEVでありながら、逆スラントノーズ調のデザインやゴツいカンガルーバンパー、スクエアなフロントフェイスなど、なつかしさを感じさせる外観です。

 駆動方式はデュアルモーター方式の四輪駆動とシングルモーター方式の後輪駆動の2種類を用意。0-60mph加速(0-100km/h加速)は5.9秒、けん引能力は3050kgを実現しています。

 また、一充電あたりの航続可能距離は250マイルから275マイル(約402kmから約443km)です。

●メルセデス・ベンツ「V220d マルコポーロ・ホライゾン」

 日本で普通に購入できるスゴいキャンピングカーとして、メルセデス・ベンツのミニバン「Vクラス」をベースとしたプレミアムアウトドアミニバン「V220d マルコポーロ・ホライゾン」が存在します。

 Vクラスをベースに、ルーフ上にポップアップルーフを専用装備。ポップアップルーフ内には2名まで使用可能なベッドやリーディングライトも備えました。

 また、ポップアップルーフを展開すると車内高が高くなるため、室内で着替えをするときにも便利です。

 さらに、3列目シートをフルフラットすることができ、ここでは最大3名まで就寝可能。ポップアップルーフと合わせて、5名が足を伸ばしてn寝ることができます。

 なお、アンダーシートボックスも備えており、足元に十分な収納スペースが用意されました。

 加えて、ルーフ右側にはロールアップ機能を備えたサイドオーニングが装着されており、オートキャンプ場などで展開することで、日差しを避けて快適に過ごすことができます。

 2021年1月の改良モデルには、ダッシュボード中央に10.25インチのワイドスクリーンと、自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載。

「ハイ、メルセデス」と話しかけると起動し、ボイスコントロールで各種機能の設定ができるようになりました。

 163馬力/380Nmを発生する2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、7速ATとの組み合わせとなっています。

 V220dマルコポーロ・ホライゾンの価格(消費税込)は957万円です。