トヨタのコンパクトカーを代表する「アクア」は、2021年7月19日に2代目へとフルモデルチェンジしました。先代アクアのオーナーからはどのような反響があるのでしょうか。

長らく乗ってきたオーナーだからこそ分かる!アクアの魅力とは?

 2011年にハイブリッド専用のコンパクトカーとして、トヨタから登場した「アクア」は2021年7月19日に2代目へとフルモデルチェンジしました。
 
 新型アクアについて、長らく初代アクアに乗ってきたオーナーからの反響はどのようなものなのでしょうか。

 初代アクアはスタイリッシュなボディにゆとりの室内空間に加えて、爽快な加速感や軽快なフットワークを楽しむことができるコンパクトハイブリッド車として登場。

 1.5リッター直列4気筒エンジン+モーターにニッケル水素電池を組み合わせたハイブリッド車のみとなり、直近のWLTCモード燃費は29.8km/L(Lグレード・2WD)を実現。

 初代アクアは、発売の翌2012年に登録車販売台数で2位(26万6567台)を達成。さらに2013年から2015年の3年連続で同販売台数において1位を獲得するなど、コンパクトで低燃費という日常使いにマッチした1台として長きにわたって売れ筋モデルとなりました。

 なおグレード展開は、販売時期により異なるものの「L」「S」「G」「Crossover」「GR Sport」をラインナップしていました。

 初代アクアのオーナー・A氏は、次のように話しています。

「アクア魅力は燃費とサイズ感の良さで、街中のちょっとした走行でもとても重宝しています。

 しかし、高速道路での走行ではパワー不足を感じることも多く、2人以上乗っていると加速が悪い気がします。
 
 また足回りが硬く、乗り心地があまり良くないと感じることもあります」

※ ※ ※

 新型アクアは、初代アクアの特徴を継承しつつ、毎日を楽しく、安全・安心で快適に乗ることができ、より高度な環境性能を追求しました。

 グレード展開は「B」「X」「G」「Z」の4つとなり、初代アクアに設定された「Crossover」や「GR Sport」は現時点ではラインナップされておらず、今後追加されるのかに関心が集まっています。

 ボディサイズは、全高4050mm×全幅1695mm×全長1485mm-1505mmとなっており、先代より全高が約30mm高く設計されています。

 加えてホイールベースが先代より+50mm延長された2600mmため、室内空間も広くなり、居住性が高くなっています。

 パワートレインはトヨタ「ヤリス」と同じ1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドを搭載。ハイブリッド車のみという部分は変わらないものの、リチウムイオン電池やバイポーラ型ニッケル水素電池が新たに搭載され、WLTCモード燃費は33.6km/Lから35.8km/Lとなっています。

 機能面で初代アクアから大きく変わった部分として、10.5インチのタッチパネルディスプレイや、万が一の停電でも電源を供給できる非常時給電モードなどの採用が挙げられます。

 これらの進化に関して、ユーザーから「価格の割に装備が充実してる」「足回りが良いから乗り心地も良さそう」といった絶賛する声が多く、「欲しい! 早く乗りたい!」との投稿が非常に多く見受けられます。

 新型アクアの販売動向について、首都圏のトヨタ販売店スタッフは次のように話しています。

「先代アクアから新型アクアに乗り換えられるお客さまは多く見受けられます。実際に、まだ詳細が分からない段階から『予約したい』という声もありました。

 また、実際に新型アクアを見たお客さまからは、先代アクアで気にされていた後席の居住性やインテリアの質感など良くなったことなどが好評です」

※ ※ ※

 かつて、3度にわたって登録車販売台数No.1となったアクア。2代目となる新型アクアとなったことで、再びの王者奪還に期待が掛かります。