スズキ「ジムニー」は長い歴史を持つモデルですが、実際に乗っているユーザーにはどのような本音があるのでしょうか。

ジムニーオーナーの本音はいかに?

 2018年7月に20年ぶりにフルモデルチェンジをおこない、4代目となる現行モデルへと進化したスズキ「ジムニー」。
 
 現行ジムニーに乗っているユーザーには、どのような本音があるのでしょうか。

 現行ジムニーは、歴代モデルのデザインを継承。初代、2代目からは「丸型のヘッドランプ」、初代から「丸型の独立配置されたウィンカー」、3代目からは「5スロットグリル」が採用されています。

 内外装ともに「機能に徹した飾らない潔さ」というコンセプトでデザインを刷新しており、外装は車両状況が把握しやすい角ばったスクエアボディとなっています。

 さらに、使い勝手面では厚手の手袋を着用しても操作が可能なスイッチ類にすることで、どんな状況でも運転に支障をきたさない機能的なレイアウトを実現しました。

 歴代ジムニーの特徴でもある「悪路走破性」を高めるため、新開発ラダーフレームの採用やリジッドサスペンションの改良により荒地や障害物などでの走行性能を格段に向上させています。

 また、発売後は既存のジムニーファンだけでなく、スクエアボディなどのデザイン面を気に入った女性層を取り込んで、幅広いユーザーに支持されています。

 そうしたなかで、ジムニーオーナーの20代女性は次のように話します。

「ジムニーは見た目が可愛く、レトロなデザインが気に入っています。

 カスタムのバリエーションも広いため、個性を持たせることもできて楽しいです。

 また、運転に関しては車高が高いので見晴らしがよく運転しやすいです」

 一方でジムニー特有の不満点もあるようで、前出の女性は以下のように話します。

「悪路走行も得意としているクルマなので乗り心地があまり良くないことは購入前から知っていましたが、タイヤが大きくて身体がかなり揺られるため、友人を乗せると酔ってしまうこともあります。

 また、ジムニーは後部座席にドアがない3ドア仕様なので、私は日常的に後部座席を使いませんが、日常的に使うとなるとやや不便ではあります」

 乗り心地についてSNSでも「ジムニーはすごく良いクルマなのに乗り心地だけがちょっと……」「揺れるから酔うときもある」といった意見がある一方で「荒い乗り心地がジムニーらしい」という人もおり、悪路走破性能に特化したジムニーの乗り心地はある意味個性といえる部分かもしれません。

 また、ドアの枚数についてはSNSで「いま3ドアのジムニー乗ってるけど、5ドアがもし出たらそっちに乗り換えたい」「荷物が多いときは乗せたり降ろしたりが不便」といった声も見受けられ、登場が噂されている5ドアに期待する意見もあります。

※ ※ ※

 ジムニーは、そのボディサイズや個性的なデザインなどが若年層や女性層というこれまでとは異なる新しいユーザーから支持されていますが、本来のジムニーは山間部など悪路での業務を意識して開発されています。

 そのため、見た目や流行りだけでジムニーを購入すると「思っていたのと違う」という可能性もあるため、実際に購入を検討する際には、どのような用途で使用するかを考慮したほうがいいかもしれません。