三菱新型「エクリプスクロス」の南アフリカ仕様が、2021年7月21日に発表されました。日本仕様と異なる点もあるといいますが、どんな違いがあるのでしょうか。

2リッター自然吸気仕様を設定

 三菱の南アフリカ法人は、2021年7月21日に新型「エクリプスクロス」を同国市場で発表しました。2019年に南アフリカ市場へ投入されたエクリプスクロスにとって、初のマイナーチェンジとなります。

 今回発表された新型エクリプスクロスは、日本では2020年12月に発売されたマイナーチェンジモデルの外観に準ずるもので、全長を140mm延長したほか、フロント/リアデザインを大胆に刷新しました。

 三菱車共通のフロントフェイス「ダイナミックシールド」はより表情豊かに進化し、リアウインドウのダブルガラスはシングルガラスへ変更。テールゲートには背面スペアタイヤからインスピレーションを受けた六角形のモチーフが配されています。

 前述の日本でのマイナーチェンジ時では、パワートレインにプラグインハイブリッド仕様が追加されたことが大きな話題となりましたが、南アフリカ仕様の新型エクリプスクロスには設定されません。

 南アフリカ仕様の新型エクリプスクロスに搭載されるエンジンは、最高出力150馬力・最大トルク250Nmの1.5リッターターボと、最高出力150馬力・最大トルク198Nmの2リッター自然吸気の2種類です。

 また、日本仕様に設定される四輪駆動は存在せず、全車前輪駆動となります。

 トランスミッションは、1.5リッターターボが8速スポーツモード付きCVT、2リッター自然吸気が6速スポーツモード付きCVTの組み合わせです。

 新型エクリプスクロスの南アフリカ仕様は、1.5リッターターボ搭載グレードが49万9995ランド(日本円換算で約372万円)、2リッター自然吸気搭載グレードが45万9995ランド(約342万円)に設定されます。