ポルシェジャパンは、同社が世界で展開するスポーツドライビングおよびブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」のオープン日を2021年10月1日に決定し、同年7月29日よりプログラムの予約受付を開始した。

ポルシェブランドを体現する最新の体験施設

 ポルシェジャパンは2021年7月29日、同社が世界で展開するスポーツドライビングおよびブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」のオープンに先駆けて、プログラムの予約受付を開始した。

●ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京とは

 ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京は、ポルシェのブランド体験施設「エクスペリエンスセンター」として世界で9番目、日本で初めて千葉県木更津市に開設されるものである。ポルシェのスポーツカー性能を充分に引き出すための様々なトラックコンテンツや、本格的なドライビングレクチャープログラムが用意されている。

 他にもカフェ「The 956 Cafe」やレストラン「Restaurant 906」、ポルシェドライバーズセレクションストアをはじめ、MICE(ミーティング、研修、イベント)をおこなえるミーティングルームなどのスペースも備えられており、ポルシェブランドを体現する最新の体験施設となっている。

●本格的なドライビングレクチャープログラム

 ドライビングレクチャーはオンロード、オフロードともに90分間のプログラムを基本とし、「718」や「911」などの2ドアモデルから「マカン」、「カイエン」などのSUV、「パナメーラ」、そしてポルシェのフル電動スポーツカー「タイカン」から選択が可能。その他45分間で車両を乗り換えるミックスプログラムも用意されており、料金は718Tが4万9500円、911カレラが6万500円から。

 ドライビングエクスペリエンスは2.1kmの周回距離を持つハンドリングトラック、キックプレート、ローフリクションハンドリングなど、6つのモジュールで構成されている。

 ハンドリングトラックは、ドイツ・ニュルブルクリンクのカルーセル、アメリカ・ラグナ・セカのコークスクリューなどの有名コーナーを再現したエリアを有しており、最大の特徴として、これまでのエクスペリエンスセンターが二次元トラック(平面的)であることに対し、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京では、元の地形を活かした唯一の三次元(立体構造)トラックとなる点が挙げられる。最新のポルシェで、高低差のある3Dドライビングが体験できるというわけだ。さらに、インストラクターによるサーキットのデモンストレーションラップも、体験可能となっている。

 シミュレーターラボでは、「919ハイブリッド」をはじめとした歴代のル・マン優勝車から現行モデルまで、様々な車両で国内外のポルシェに馴染み深いサーキットを走行することが可能。料金は30分/4500円からと設定されている。

●施設概要

・名称:ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
・オープン日:2021年10月1日
・住所:木更津市伊豆島字中ノ台1148-1
・敷地面積:43ha
・事業区域:13ha
・トラック:全長2.1km
・プログラム予約には会員登録が必要となる。