キーレスエントリーやイモビライザーといった機能を盛り込んだスマートキーが主流になるなど、最近はクルマのキーも進化しています。そこで気になるのはスマートキーの紛失です。失くしてしまったときはどう対処したらいいのでしょうか。

便利だけど紛失すると厄介なスマートキー

 クルマの発展とともに、キーも進化しています。最近は、キーレスエントリー機能だけでなく、イモビライザー機能や持って近づくだけで解錠できる機能を盛り込んだ「スマートキー」が普及したことで、わざわざキーを取り出すことなくカバンやポケットなどにしまったまま利用している人も多いでしょう。

 従来のキーレスエントリーは、ワイヤレスリモコン機能を持たせた電子解除キーで、開錠や施錠にはボタン操作が必要でした。

 この機能をさらにバージョンアップさせ、キーを取り出したりボタン操作をする必要なしに、開錠・施錠だけでなくエンジンの始動・停止などもできる「スマートエントリーシステム」を盛り込んだのが現在のスマートキーです。

 スマートエントリーシステムは、クルマとスマートキーが微弱な電波を送受信し合うことで作動するシステムで、クルマ側には「車内LFアンテナ」や「車内RF受信機」といった装置が備わり、異なる周波数を絶えず送受信しています。

 その有効範囲は半径0.5mから1m以内に設定されており、スマートキーを持って近づかないと作動しないようになっています。

 ちなみに、よく聞く「イモビライザー」とは、クルマ本体とスマートキーの両方にICチップによってIDを認証する防犯システムのことで、IDが一致しないとエンジンが始動できないようになるなど、デジタルへと移行して防犯効果もアップしました。

 便利なスマートキーですが、普段使用するメインキーはキチンと保管していても、あまり使うことがないスペアキーをどこに置いていたか忘れてしまったり、紛失してしまうこともあります。

 スマートキーを作り直すときには、どうしたらよいのでしょうか。

 メインキーでもスペアキーでも作り直す場合は、クルマを購入したお店かディーラーに相談するのが一般的です。とくに購入したお店であればそのクルマの情報が残っているため、対処しやすいといわれています。

 欧州系輸入車ディーラーに勤務していた元セールスマンのNさんに話を聞いてみました。

「スマートキーに限らず、キーの紛失は作り直す作業が発生します。クルマのキーには『キーナンバー』と呼ばれる番号が記載されており、同じ車種でもひとつずつ違います。番号の情報などの記録を販売店も残してあるため、クルマを購入したところでは比較的スムーズに作り直しができます」

 問題なのはその費用です。これは国内外メーカーや車種によってさまざまで、2万円から10万円を超えるようなものもあるそうです。

「車種などによって費用はかなり違います。国産メーカーの場合は、3万円前後とされていますが、スズキのようにコンパクトカーが主流の場合はもう少し安価で作り直せるともいわれています。

 一方で輸入車の場合はクルマ自体が高級車の場合が多く、10万円前後もするスマートキーもあります」(輸入車販売店の元セールスマンのNさん)

 ちなみにスマートキーの作り直しは、ナンバーが適合する場合は比較的早く出来上がるようですが、ものによっては数週間かかるケースもあるそうです。

「ディーラーで作り直してもらう場合、費用と時間はかかりますが、クルマ本体とスマートキーのIDも再設定されるため、古いスマートキーは使用できないなどセキュリティ的にも安心です」(輸入車販売店の元セールスマンのNさん)

ディーラー以外で安価にスマートキーを作り直す手段とは?

 一方、ディーラーではなく、「鍵屋」と呼ばれる業者でもイモビライザー付きスマートキーを作り直すことは可能です。

 ロードサービスと同じく当日駆けつけてくれ、その場でクルマに合うスマートキーを作成し、しかも費用も2万円前後と費用を抑えることができます。

「鍵屋の場合はクルマ本体には手を加えず、同じIDを使用するスマートキーのみを作成すると考えていただいていいと思います」(輸入車販売店の元セールスマンのNさん)

 ディーラーでスマートキーを作り直すと費用と時間はかかるけれどセキュリティ対策もおこないますが、鍵屋は短時間での作業や安く早く作り直せるけれど、IDの再設定などはおこなわないということです。

「新車で購入し市場価値も高いクルマはディーラーで、中古車など市場価値が低くなったクルマの場合は鍵屋に頼むというのもひとつの手でしょう」(輸入車販売店の元セールスマンのNさん)

 メインキーがあれば問題なく運転できるので日常的に支障はありませんが、スペアキーを紛失したままだと影響してきそうなのがクルマを手放すときです。

 基本的にメインキーかスペアキーのどちらかがあれば、査定や買い取り、下取りはしてもらえるものの、その査定額に影響があるのです。

 クルマの査定に関して「JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が定める査定基準のなかに、「キーシリンダセット(1台分):減点30」「リモコンキー:減点20」「キーレスシステム:減点40」と記載されています。1点は1000円なので、スマートキーの場合紛失してしまうと、査定額から2万円から4万円減額される可能性があります。

 ただし、だからといって「スペアキーを作り直す必要があるか」となると話は別です。費用を考慮すると一概に作り直さず、売却したほうが損をしない場合も多いようです。

※ ※ ※

 スマートキーを紛失するとけっこうな出費になることから、失くさないように対策することがもっとも安全で、お金も時間もセーブできると方法といえます。

 そこで紛失防止策として便利なのが「忘れ物防止タグ(スマートタグ)」と呼ばれるIoT家電のガジェットです。

 小さなキーアクセサリー程度の大きさで、スマホやタブレットのBluetooth機能と連携させることで、離れるとスマホに通知が届いたり、紛失した場所などを地図アプリに表示することができます。

 値段も1万円以下のものが多く、キーホルダー代わりにスマートキーに取り付けておけば、うっかり落としてしまっても自分のスマホやタブレットでスマートキーの居場所を特定可能。こういうものを活用して、スマートキーの紛失防止をするのも良さそうです。