トヨタ新型SUV「カローラクロス」が2021年9月14日に発売するといいます。「ヤリスクロス」「C-HR」「RAV4」「ハリアー」などさまざまなSUVをラインナップするトヨタですが、新型カローラクロスはどのようなSUVなのでしょうか。

トヨタSUV王国完成か 新型「カローラクロス」はどんなクルマ?

 2020年7月にタイで世界初公開されたトヨタ「カローラクロス」。カローラシリーズ初のSUVとして大きな注目を集めましたが、日本市場でも販売に関する動きが出てきました。
 
 日本では、すでに大小さまざまなSUVをラインナップしていますが、どのような仕様となるのでしょうか。

 カローラシリーズは、1966年に日本で初代を発売して以降、世界150以上の国と地域で累計4800万台以上を販売してきたトヨタのグローバルモデルです。

 そのなかで、世界的にSUV需要が高まっていることからカローラクロスを投入。前述の通り2020年7月にタイで発売された後、さまざまな地域で展開されています。

 2021年6月には北米でも販売され、日本市場への導入も秒読みかと噂されていました。

 最初に導入されたタイでは、登場と同時にベストセラーとなり、2020年の販売台数では販売期間が半年間であったにも関わらずコンパクトSUVクラスでトップの販売台数を記録するなど人気車種となっています。

 カローラクロス(タイ仕様)のボディサイズは、全長4460mm×全幅1825mm×全高1620mm、ホイールベース2640mm、最小回転半径5.2mとなっており、ほかの12代目カローラシリーズと同じ、TNGAプラットフォーム(GA-C)が採用されています。

 パワートレインは国や地域により異なり、タイ仕様では1.8リッターガソリン車と1.8リッターハイブリッド車となり2WDのみを設定。米国仕様では、2リッターガソリン車に2WDと4WDを設定しています。

 一方で、日本で販売される仕様についても状況に判明してきているようです。

 都内のあるトヨタ販売店の営業スタッフは以下のように話します。
 
「ボディサイズは、タイ仕様と比べて全長がやや長くなるくらいでそれ以外はほとんど同じようなサイズで、ガソリンとハイブリッドが設定されることは分かっています。

 また、荷室はゴルフバックが4つほど入れられる大きさとなっているようで、かなりの荷物を積むことができるといえます。

 今後の動きとしては、先行受注は8月21日以降におこなう予定ですので、この際にそのほかの詳細も分かると思います。

 また、発表・発売は、現在のところ9月14日の予定です。 

 価格はおおむねカローラツーリングよりも少し高い220万円台からになる見込みで、すでにお客さまからの問い合わせはかなり増えています」

 このほか、神奈川県のあるトヨタ販売店の営業スタッフは以下のように話します。

「お客さまからは早く価格を教えて欲しいといわれますが、正式な価格は8月下旬の発表になりそうです。

 ボディサイズから『ヤリスクロス』と『RAV4』の中間になると予想されます。

 ホンダの新型『ヴェゼル』と比較検討されている人も多いようですが、カローラクロスのほうが車格は上なので、同価格帯ならかなり競争力があると思います」

 また、関東圏から離れたディーラーではどういった状況なのでしょうか。京都にあるトヨタ販売店の営業スタッフは以下のように話します。

「正式発表前ですが、お問い合わせはかなりいただいています。

 コンパクトSUVということで30代、40代の男性からのお問い合わせが多い印象です。

 意外なことに先代の『カローラフィールダー』にお乗りのお客さまからよくお問い合わせをいただいています。

 現行の『カローラツーリング』は後席や荷室がフィールダーよりもやや狭くなったので、より居住空間の広いカローラクロスに関心を持たれたようです」

 トヨタは、2020年7月にカローラクロスの後席のパッケージングについて「子どもを抱えての乗降を想定した、後席への広い開口」を確保していると説明。ファミリーユースでも便利なSUVに仕上がっていることが期待されます。

※ ※ ※

 SNSをみても「カローラクロス、ちょうどいいサイズ!」「カローラクロス、フロントグリルは好みが分かれそうだけど全体のプロポーションはかなりいいね」「価格次第では、ホンダの『ヴェゼル』の売れ行きにも影響が出そう」といったように、期待が高まる声が見受けられます。

 海外でも高い評価を得ているカローラクロスは、ヤリスクロスとRAV4の中間にあたる、ちょうどいいサイズのSUVということで、国内でも販売台数に期待が出来そうです。