ホンダ「シビック」がフルモデルチェンジし、11代目となる新型モデルが2021年9月3日に発売されます。「爽快シビック」をコンセプトとした新型モデルは、一体どんなモデルへと進化するのでしょうか。

初代登場から50年を目前に11代目となる新型へ進化

 ホンダは、「シビック」(ハッチバック)をフルモデルチェンジし、2021年9月3日に発売すると発表しました。

 1972年に初代がデビューしたシビックシリーズは、これまでに世界で累計約2700万台を販売。そして初代登場から50周年を目前に11代目へと進化します。

 日本では、先代モデル(10代目)からは4年ぶりの全面刷新となるシビックですが、新型モデルは「爽快シビック」をグランドコンセプトとして開発しています。

 ホンダのクルマづくりの基本である「人中心」の考え方を深く掘り下げ、親しみやすさと特別な存在感をあわせもち、乗る人全員が「爽快」になることができるクルマを目指しました。

 新型シビックは、開放的な空間と広い水平視野角により気持ちの良い視界を実現。また、ホイールベースの延長により前後席の距離を35mm拡大することで、後席の居住性が向上しました。

 さらに、荷室容量を先代より拡大し、クラストップレベルとなる452リットルの大容量を確保。運転の楽しさと使い勝手を両立させています。

 新型シビックのデザインは、運転しやすく開放的なキャビンを追求しながら、クーペのような流れるプロポーションを描くことで美しいクルマを目指しました。

 ボディカラーは、「プラチナホワイト・パール」「クリスタルブラック・パール」「ソニックグレー・パール」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」の5色を用意しています。

 インテリアは、ノイズレスな造形にするとともに、直感的に操作しやすく触感にもこだわったスイッチを配置。爽やかで心地の良い移動ができる空間としました。

 また、内装は人を中心としたデザインを追求することで、乗る人すべてを解放するような空間を作りあげました。

 走行性能については、質が高く軽快な新しい移動体験の提供を目指し、細部にわたる熟成を実施。直進・旋回時の安定感や優れた静粛性、乗り心地などを高次元で兼ね備えた走りを実現しています。

 軽快かつ一体感のあるステアフィールにより、クルマと一体となった運転感覚を提供するともに、ドライバーの感覚にフィットする加速と一体感のあるエンジンサウンドを楽しむことができるといいます。

 搭載されるエンジンは1.5リッターVTECターボエンジンで、トランスミッションはCVTに加え、6速MTを設定。

 とくに6速MTは、シフトレバーのショートストローク化と高剛性化により、スポーティーかつダイレクト感のあるシフトフィールを目指しました。

 新型シビックでは、ホンダのヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)の考え方である「直感操作・瞬間認知」を追求し、10.2インチのフルグラフィックメーターを採用しました。

 メーターの左側にオーディオなどのインフォテイメントの情報を配置し、右側には「Honda SENSING」やナビなどの運転支援等の情報を表示。ステアリングのスイッチの位置と同様の左右配置とすることで、直観的な操作をサポートします。

 さらに、新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を通じて、より安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「ホンダ トータルケア プレミアム」を装備しました。

 HMIの考え方に基づき、簡単・確実に操作できることを目指して開発されたHonda CONNECTディスプレーを全車標準装備とすることで、使い勝手を向上させています。
 
 安全面においては、最新の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車標準装備。

 先代モデルに比べて横方向への視野範囲を向上させたフロントワイドビューカメラや高速画像処理チップ、近距離障害検知前後ソナーセンサーの採用により、機能が大幅に向上しました。

 また、夜間の対向車などを幻惑させず、良好な遠方視認性を提供するアダプティブドラ イビングビームをホンダ初採用。

 独自のハイビームの自動配光を採用することにより、歩行者へも眩しさを与えないよう配慮し、安心・安全運転を支援します。

 さらに、新型シビックの室内環境に適した専用オーディオをボーズ社と共同開発。ボーズ独自のサラウンドアップミックス技術「センターポイント」を採用し、サブウーファーを含む12個のスピーカーを搭載。

 迫力のある重低音からクリアな高音までバランスの取れたサウンドを実現することで、まるでコンサート会場にいるような臨場感を全席で味わうことができます。

 ホンダ技研工業 四輪事業本部 ものづくりセンター チーフエンジニアの佐藤洋介氏は、新型シビックについて次のように説明します。

「日本の市街地から欧州の高速道路まで『操る喜び』を感じられる走り、洗練されたスタイリング、開放感のある室内空間、そして、細部まで行き届いた質の高い仕上げています。

 それらのすべてが運転する人だけでなく乗る人すべてを爽快にし、新しい体験や豊かな人生を後押しし、喜びを拡大してゆく。新型シビックがそうした存在になることを願っています」

 新型シビックの価格(消費税込)は、319万円から353万9800円。販売計画台数(月間)は1000台としています。

 なお、ハイブリッドモデルと「シビック タイプR」は2022年に発売される予定です。

※ ※ ※

●ホンダ 新型シビック
・全長:4550mm
・全幅:1800mm
・全高:1415mm
・ホイールベース:2735mm
・エンジン:1.5リッターVTECターボ
・変速機:CVTまたは6速MT
・最高出力:182馬力/6000rpm
・最大トルク:240Nm/1700-4500rpm
・グレード:「LX」「EX」の2グレード展開