トヨタのFFセダン「カムリ」。海外では人気があるモデルですが、インスタグラムにてカスタマイズイメージがお披露目されています。

爆速カムリ爆誕! 見るからに速そうな凄いカムリとは

 トヨタがラインナップするFFセダンとして「カムリ」があります。国内のセダンとしては好調な販売を記録しています。
 
 海外では、カムリをベースとしたカスタマイズも展開されていますが、SNSではド迫力なカスタマイズのレンダリングイメージがお披露目されています。

 カムリは、1980年に国内専用モデル「セリカ カムリ」(FR車)として誕生しました。

 1982年には、FFレイアウトを採用した現在の車名「カムリ」としてグローバルに販売を開始しています。

 2017年に10代目となる現行モデルが登場。米国では、15年連続で乗用車販売台数No.1を獲得するなど、100か国以上の国や地域で販売しているグローバルモデルです。

 現行モデルの標準仕様は、フロント部分はスリムなアッパーグリルと、立体的で大胆に構えたロアグリルを対比させることにより、低重心でワイドなスタンスを強調させました。

 リアでは、ワイドスタンスによるスポーティさや、ショルダーを張り出すことで安定感のあるデザインを採用しています。

 また、途中から追加される形で新グレードとなる「WS(米国ではSEシリーズ)」として、エッジの利いたスポーティなデザインとカムリ本来の上質感を両立させたモデルを設定。

 エクステリアは、専用装備としてフロントグリル、リアスポイラーなど、低重心のワイドボディに装着されたスポーティなパーツを採用することで、走りの良さを感じさせるデザインとしています。

 今回、インスタグラム上の「Brad Builds」にて、米国仕様のカムリ(SEシリーズ)をベースにしたカスタマイズイメージが公開されています。

 エクステリア全体は、オレンジともブロンズともいえるカラーリングが施されています。

 フロント部分では、大型カナードやアンダーリップスポイラーを装着。さらに、大きく張り出したフロントフェンダーがヘッドライト下側まで伸びているなど、ベース車よりも全幅が大きく拡大しています。

 サイドビューでは、前述の大きく張り出したフロントフェンダーがハミ出したタイヤを覆い、サイドアンダースポイラースカートからテールランプまで続くなめらかなリアフェンダーがロー&ワイドのデザインを主張しています。

 リアでは、トランクスポイラーに加えて、左右2本出しのマフラーとリアディフューザー、リアタイヤのトレッド面が後続車に対する存在感を示しています。

 また、リアウインドウには左右2本のアンテナが装着され、触角のような印象を与えています。

 投稿されたこのカムリに対して「グッドルックなカムリ」「将来的に欲しい」「カムリに装着してみたい」(編集部訳)といったコメントが寄せられています。

※ ※ ※

 日本でも2017年にWSグレードが登場した際には、若年層にも支持されるようになったといいます。

 FFスポーティセダンという印象もあるカムリですが、このようなド迫力カスタマイズは米国でも人気なようです。