エンジン車には欠かせないクルマのマフラー。車種によって、片側1本出しや左右2本出しなどバラバラなのは、なぜなのでしょうか。

マフラーの出口本数はダブルスタンダード

 クルマには、排気ガスを排出させる「マフラー」がついています。
 
 このマフラーは、クルマによって1本出しと2本出しなどがありますがこれにはどのような違いがあるのでしょうか。

 ガソリンエンジンやディーゼルエンジンを搭載した内燃機関車は、ガソリンや軽油などの燃料を爆発させた力を原動力として走行します。

 燃料を爆発させる際には、有害物質を含んだ排気ガスと爆発音が発生することになりますが、クルマのマフラーの基本的な役割はそれらを緩和することにあります。

 マフラーには厳格な保安基準が定められており、騒音防止装置が備わっていることや、ばい煙、悪臭のあるガス、有害なガスなどの発散防止装置が備わっていることが、細かく規定されています。

 さらに、取り付け位置も細かく定められており、2009年1月1日以降に生産されたクルマのマフラーは、フロアラインを含む鉛直面から10mm以上突出してはならないと規定されています。

 一方、マフラーの本数、正確にいえばテールエンドの本数についての明確な規定はなく、片側1本出しや片側2本出し、両側2本出しや両側4本出しなども存在します。

 さらにカスタムカーイベントなどでは、8本出しのものなどにカスタムされたものも見ることができます。

 スポーツカーや高級車のように、大排気量のエンジンを搭載しているクルマは、爆発音や排気ガスの量も大きくなるため、マフラーの本数を多くするか、もしくは大径化させる必要が出てきます。

 また、排気効率を高めることでクルマのパフォーマンスも上がることから、モータースポーツの世界ではより排気効率の高い複数出しマフラーや大径マフラーが採用されています。

 そこから転じて、両側2本出しマフラーや両側4本出しマフラーなどが、スポーツカーや高級車の象徴とみなされるようになりました。

 このように、消音や排気ガスの浄化がマフラーの基本的な役割ではある一方、自動車ファンにとっては、リアエンドのルックスを向上させたり、好みの排気音を演出したりといった、ドレスアップのためのパーツという側面も持っています。

 実際に、マフラーの交換はクルマのドレスアップやカスタムのなかでも、人気のあるジャンルのひとつであり、人気車種ごとに専用設計されたマフラーを多く見ることができます。

 そうした社外マフラーのなかには、じゅうぶんな騒音防止装置が備わっていないものなど、保安基準に適合しないものもあるため、取り付けの際にはしっかりと確認することが求められます。

電動化で変わるマフラーの役割

 近年ではエンジンのハイブリッド化やダウンサイジング化が進み、大排気量エンジンを搭載したクルマはかつてに比べて減りつつあります。

 排気量が少なくなれば、複数出しのマフラーや大径のマフラーの必要性はそれほど高いものではなくなります。

 実際、トヨタ「プリウス」やホンダ「インサイト」のような電動化をウリにしている車種では、あえてマフラーを目立たさないようなデザインとされている例が少なくありません。

 今後電動化が進めば進むほど、大排気量のエンジンを搭載したクルマは減少する傾向にあると見られ、それにともない複数出しのマフラーや大径マフラーを採用したクルマも減少することが考えられます。

 さらにいえば、電気自動車(EV)ではそもそもエンジン音や排気ガスを出さないため、マフラーそのものが不要になります。

 そうなると、マフラーに求められる役割は、消音や有害ガスの緩和といった機能的なものではなく、リアエンドにデザイン上のアクセントを与えるためであったり、スポーティさを演出するためであったり、といったエモーショナルなものへと変化していくと考えられます。

 現在でもそうした傾向は一部の車種で見られています。

 例えば、実際には必要最小限のマフラーしか搭載されていないにもかかわらず、デザイン上は両側2本出しのように見えるようにされているという例が、ドイツ車などを中心に見られています。

 電動化が進んだとしても、マフラーがデザインに与える影響は大きいことから、このような事例は今後増えてくるかもしれません。

※ ※ ※

 電動化が進むと、既存の内燃機関車に存在したパーツが必要なくなってしまったり、役割が大きく変わったりということが考えられます。

 マフラーはそのもっともわかりやすい例のひとつといえるかもしれません。