2021年9月19日(現地時間)に、トヨタの北米法人(以下、北米トヨタ)は新型「タンドラ(2022年モデル)」を世界初公開しました。

トヨタ新型「タンドラ」世界初公開!

 トヨタの北米法人(以下、北米トヨタ)は、15年ぶりにフルモデルチェンジを遂げたピックアップトラックの新型「タンドラ(2022年モデル)」を2021年9月19日(現地時間)に世界初公開しました。

 3代目となる新型タンドラは、性能、機能、マルチメディア、快適性などをすべてを向上させました。

 新型タンドラには、ダブルキャブとクルーマックスの異なるボディタイプが用意されています。

 ダブルキャブは、6.5フィートベッドまたは8.1フィートベッドのいずれかが選択でき、クルーマックスには5.5フィートベッドまたは新しい6.5フィートベッドが用意されます。

 新型タンドラのエクステリアは、大型グリルとLEDヘッドライトがタフな印象を与えています。

 インテリアでは、パノラミックルーフ、シートヒーター&ベンチレーション、リアサンシェード、ステアリングホイールヒーターなど、乗る人すべてに快適な空間を提供。

 機能面では、ワイヤレスのApple CarPlayとAndroid Autoを搭載した新型14インチマルチメディアシステムや、「Toyota Connected Services」を採用するほか、安全面でも最新の「Toyota Safety Sense 2.5」を全車標準装備。

 また、ピックアップトラックとして重要な機動力の面では、パワートレインに、新開発の3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンと新開発10速ATを組み合わせて、最高出力389馬力、最大トルク479lb-ftを設定。

 さらに同じパワートレインに「i-FORCE MAX」を組み合わせて最高出力437馬力、最大トルク583lb.ft.を発揮する仕様も用意されました。

 これはエンジンと10速オートマチックトランスミッションの間にあるベルハウジング内にクラッチ付きモータージェネレーターを搭載しているのが特徴です。

 これによりエンジンの始動、EV走行、電気アシスト、エネルギー回生など効率的に動力を伝達することができるようになっています。

 新型タンドラでは新開発シャシに加えて、新開発のマルチリンク式リアサスペンションの採用により、乗り心地、直進安定性、総合的なハンドリング性能が向上するとともに、けん引性能も向上。

 新型タンドラの最大牽引能力は、先代比17.6%増の1万2000ポンドとなり、最大積載量は1940ポンド(先代比:11%以上向上)となっています。

 グレード・仕様は、SR、SR5、リミテッド、プラチナ、1794、TRD Proを設定。正式発売は、2021年後半を予定しており、価格は発売日近くに発表されます。