2021年9月14日に発売されたトヨタ新型「カローラクロス」は、良くも悪くも「カローラらしさ満載!?」。セダン、ワゴンとも違うカローラSUVこと「カローラクロス」とはどのような乗り味なのでしょうか。

新型カローラクロスはまさに「正統派のカローラですね!」

 トヨタ新型「カローラクロス」に試乗したら、良い意味でも、そうでもない意味でも「正統派のカローラですね!」。
 
 少しばかり大ゲサに表現するなら”衝撃”を受けた。乗っていてまったくストレス無し。価格だってリーズナブル。
 
 以下、私の基準を当てはめて「良い」とか「悪い」と言う判断はしないので、皆さん自分のスケールで考えて頂ければ、と思う。

 まず乗り込んで1秒で「そうきたか!」と驚いたのが内装材。

 ダッシュパネルを見ると、かつて内装に革を使っていた時代の雰囲気出すため、糸で縫ったようになっている。

 マツダ車などはソフトパッドと呼ばれる柔らかい素材を使い、本物の糸で縫った仕上げになってます。

 お金掛けてます。節約を考えたら、糸も”シボ”と呼ばれる模様になる。

 しかぁし、新型カローラクロスは硬い樹脂素材。そこに糸で縫った感じのシボが入ってる。

 確かに普段触る場所じゃないからソフトパッドなど不要。

 老眼だと近くで見なきゃ糸かどうかも解らない。徹底的なコスト意識です。

 かと思えば、エアコンの吹き出し口の面積は圧倒的に大きい。暑い車内に入ってエアコン入れたときの冷却性能、素晴らしい。

 実用性&コスト削減を基準に考えるなら、新型カローラクロスのアプローチは素晴らしいと思う。

 実用性と関係無いインテリアにお金掛ける一方、エアコンの冷却性能悪いクルマと比べたら、新型カローラクロスの「選択基準」を素晴らしいと考える人は多いに違いない。

 そんなコンセプトが新型カローラクロスを見るとすべての点で貫かれているのだった。

 もうひとつ。機能面での代表例を紹介したいと思う。

 新型カローラクロスのようなモデル、普通なら悪路性能を考え最低地上高を確保する。

 トヨタ「RAV4」だと190mm。スバル「XV」は200mmといった具合です。

 雪道や悪路でSUVらしい操舵性を持たせようとすれば最低で190mm必要だと思う。なのに新型カローラクロスは160mmしかない。

 それでいてSUVの大切なファクターである「乗り降りの容易さ」や「アイポイントの高さ」については、しっかり対応している。

 カローラ(セダン)だとシート高が低いため、乗り降りに「よいしょ」とか「どっこいしょ」みたいな声を出したくなる。

 新型カローラクロスのシート高だったら、本格的なSUVと同じくらい乗り降りしやすいし、地上高160mmは普通の使い方なら十分かもしれません。

 けれどシート高についちゃ乗り降りする度に課題となる。

 カローラのDNAからすると、相応のコストを掛けて最低地上高を確保するのはムダ。

 普段使いに大きく影響するシート高についちゃコスト掛かってもやるべきだ、ということになるんだと思う。いやいや興味深いです。

 ちなみにクルマを文化として考える人なら「SUVなら最低地上高だろう」だし「インテリアに糸の模様を付けるならホンモノの糸を使うべき」になるんだと思う。

 走り出すときだけ、わずか7.2馬力のモーターで後輪を駆動するだけの4WDシステムにも共通する。

 ただ文化を追求していくと、普段使わない性能のため高いクルマになります。

いざ試乗! SUVでもカローラ感は健在!

 長い前置きになったが、ハンドル握って走り出すと、これまたカローラのDNAを感じさせられる。

 絶対的な性能は1.8リッターのエンジンも、プリウスと同じユニットを使うハイブリッドも「こんなものでしょう」。

 強いていえばカローラセダンより車重が100kg程度増えているため、少し物足りない感じながら、決定的な不満じゃない。

 乗り心地は、最近のトヨタ車の標準レベルになっており、世界水準で評価しても普通。

 試乗した日はフォルクスワーゲン新型「ゴルフ」に乗っていたのだけれど、乗り換えて明らかな違い無し。

 また、同じトヨタの「ヤリスクロス」と比べたら上等です。

 ステアリングフィール普通。マクドナルドのハンバーガーやチューン店の豚骨ラーメンと同じ安定感&満足感がある。

 そして内容を考えたらお買い得。

 今回の試乗車は、本革シートの最上級グレード「Z」のため299万円だった。

 しかし、装備内容を考えたら275万円の「S」(このグレードのみ2022年3月までKINTO専用車のため半年以上の納期かかります)に、100Vコンセントとブラインドスポット警報(合計8万8千円)すれば、大満足のクルマになる。