日産が米国で先行して発表した新型「フェアレディZ」。日本では2021年冬の発表が予定されていますが、ひと足早く日本のカスタマイズショップがボディキットの発売を明らかにしました。

新型「フェアレディZ」のエアロパーツがもう具現化?

 日産は、2021年8月18日に新型「フェアレディZ」(海外名:新型Z)を米国・ニューヨークにて世界初公開しました。

 米国では、2022年春に発売される予定となり、日本仕様は2021年冬の発表を予定していますが、日本のとある会社が新型フェアレディZ用のエアロパーツをお披露目しました。

 新型フェアレディZのデザインテーマは「伝統と最新技術の融合」となり、洗練されたエクステリアと、歴代の「Z」へのオマージュを感じさせるデザインを特徴としています。

 エクステリアは、伝統的な後輪駆動のスポーツカーのデザインを踏襲し、ロングフードや低重心のリアスタンスなど、初代モデル(S30型)をはじめとする歴代Zへのオマージュを込めたシルエットに仕上げられました。

 とくに、LEDヘッドライトのデザインは240ZG(S30型)を彷彿とさせるふたつの半円がイメージ。

 さらに、リアコンビネーションランプは、Z32型を彷彿とさせるデザインに最先端の技術を取り入れた3DシグネチャーLEDテールランプを採用しました。

 搭載されるパワートレインは、3リッターV型6気筒ツインターボに6速MTまたは9速ATを組み合わせ、米国仕様では最高出力400hp、最大トルク350lb-ftを発揮します。

 今回、スーパーカーを中心にラグジュアリーカー、カスタムカー、スポーツカーなどオンリーワンな車両販売するARIOSが新型フェアレディZのエアロパーツとして「ARIOS body kit」のデザインをSNSにてお披露目しました。

 お披露目されたボディキットは、「フロントバンパー」、「サイドステップ」、「リヤバンパー」、「オーバーフェンダー」、「リヤスポイラー」、「ボンネット」、「フェンダーミラー」で構成されています。

 先行して公開されたレンダリングイメージでは、ホワイトのボディカラーに前述のエアロパーツが装着され、それぞれにはレッドのアクセントカラーがスポーティさを醸し出しています。

 リアでは、純正は左右2本出しマフラーでしたが、このボディキットでは左右縦型4本出しマフラーに変わっているほか、リア中央部にはメッシュパーツなどが装着されています。

 全体的に見ると、フェンダーミラーやオーバーフェンダーなど、どこか懐かしいデザインとなっていますが、ボディキットの特徴について、同社代表取締役の鈴木宏和氏は次のように話しています。

「特徴は、新型フェアレディZのメインデザインがS30型をオマージュしているのでさらにZ432を意識したデザインにしています。新しさに古さを取り入れたデザインです」

 また、開発の経緯については、次のように話しています。

「新型フェアレディZが発表になるのが決まってから何かつくりたいなと思ってました。

 福島初のモータースポーツチームとして、新しく設立する株式会社FKSの活動のひとつでドリフト競技『フォーミュラD』にZ34で参戦することになったので、そのままの流れで新型のエアロ製作を決めました。デザイン開始したのは先週くらいです。

 また、新型フェアレディZでのフォーミュラD参戦も検討しています」

※ ※ ※

 なお、今後のボディキットに関して、鈴木氏は「北米仕様を頼んで早めにエアロ制作の作業入ります。また、右ハンドルも頼むので、そちらをフォーミュラD用に作ります」と説明しています。