近年、減少傾向にある暴走族。一方で見聞きする機会が増えているのが「旧車會」です。201年9月25日の夜、千葉県千葉市の幕張周辺に旧車會のバイクが500台集まりました。一体、何があったのでしょうか。

旧車バイク500台集まった理由は?

 2021年9月25日の夜、千葉県千葉市の幕張周辺に大勢のバイクが集まりました。その数500台ともいわれています。

 SNSにも数百台のオートバイが走る様子が動画でいくつかあげられていました。一体、何があったのでしょうか。

 動画を見た人たちの反応は、以下の通りです。

「千葉にはまだこんなにたくさんの暴走族がいるのか!」
「懐かしい昭和の風景。30年以上前にタイムスリップしたみたい」
「ここまでたくさん集まるなんて、何があったのか?」
「信号でちゃんと停まっている。今の暴走族は交通ルールを守るのか?」
「煉獄さん(鬼滅の刃)の追悼ミーティングじゃないか?」
「俺らが全盛期の頃、江ノ島じゃ毎週だったけど最近じゃ滅多に見られない台数だった。煉獄さん追悼集会か?」

 なお、「煉獄さん追悼」とは、同日夜に人気アニメ劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」がフジテレビ系で初放送されたことに関係しています。

 筆者(加藤久美子)もこの件を最初に知人から聞いたときはとても驚きました。

 暴走族といえば昨今、減少の一途をたどっています。最盛期である1970年代半ばに全国で4万人以上いたとされますが、令和3年版(2021年)の警察白書「暴走族の勢力と動向の推移」によると、2020年時点で131グループ、5714名まで減少しています。100台規模の集団暴走を見る機会もめっきり減りました。

 このような状況のなかで500台という集まりは非常に珍しいケースです。これは、いったいどういう集まりだったのでしょうか。

 取材を進めるうちに25日夜の集まりにギャラリーとして参加した人から連絡をいただくことができました。

 その人の話によると、当日は「旧車會」幹部メンバー(複数)の誕生日を祝う集まりだったとのこと。

「警察からはオリパラ期間は集まって走るなといわれていましたので、今回は久しぶりに集まりました。千葉、神奈川、東京、茨城、群馬、静岡、山梨…広い範囲から集まりました」とも。

 そしてこの日の500台とは暴走族ではなく旧車會のバイクであることもわかりました。

 最近よく見聞きするようになった「旧車會」とは、どのような集団で、暴走族とは何が違うのでしょうか。

 昭和から平成、令和にかけての暴走族事情に詳しいオートバイ店経営のA氏は以下のように話します。

「一般の人から見たらどちらも同じに見えるかもしれませんが、実は決定的な違いがあります。

 旧車會は信号を守ってヘルメット着用。それに木刀や鉄パイプは持っていません。尚、コールは圧倒的に旧車會のほうがスキルが高いように思います」

 確かに昨日の動画を見てみると、全員がヘルメットを着用し、赤信号では必ず停まっていました。

現旧車會のグループを率いるB氏に直撃取材! 旧車會と暴走族は、大きな違いがあり?

 このような行為も暴走族のイメージとはかなり違っているように見えます。より詳しい事情を現旧車會のグループを率いるB氏に伺いました。

――旧車會と暴走族の違いはどんなことでしょうか?

 旧車會は、古いバイクをカスタムして乗るのが好きな人たちの集まりです。

 当然、全員が免許を取得し、ヘルメットの着用や信号や一時停止などの交通ルールは必ず守ることが基本です。

 もちろん、警察に停められたら逃げることなく必ず停まります。

 また、集まったパーキングエリアや施設の駐車場などでは最後にグループごとにゴミ拾いをして帰ります。

 自分たちが汚したら必ず綺麗にして立ち去ることがルールです。

 イベントやツーリングをやるときには最後の集合場所で解散した後に、必ず主催メンバーが問題ないかを点検して帰っています。

――暴走族ではグループ同士の抗争がありましたが旧車會は?

 各地域のリーダーはみんな繋がっていて礼節をわきまえていて仲が良いです。

 もう何年も揉め事というのはありませんし、聞いたこともありませんね。年代も40代以上が中心ですし、もちろん皆さん仕事を持っていて家族もいます。

 基本は古いバイクが好きな人たちの集まりなので、複数のグループでまとまってツーリングに出かけることも良くあります。

――旧車會のメンバーのバイクはいつ頃の、どんな車種が多いのでしょうか?

 旧車と呼ばれる世代の昭和50年代(1970年から80年代)のバイクが中心ですね。

 ・HONDA CBXシリーズ 1981年から1985年
 ・HONDA HAWK(CB250T/通称バブ) 1977年
 ・HONDA HAWK-II(CB 400T) 1977年
 ・SUZUKI GSシリーズ(4サイクル400cc・550cc・750cc) 1976年

 これらのバイクは近年、非常に価格が高騰していてとくに、1980年代後半のモデルになると100万円から300万円という価格になっています。

――旧車會のメンバーの年齢層は?

 下は10代から上は50代、60代もいますよ。中心は40代ですね。

 10代から20代の若い子たち、30代前半くらいまでは暴走族を経験しないで旧車會に入ってきます。

 30代半ばより上の年代は若いころは暴走族やっていたというメンバーもいます。

 最近は漫画「東京卍リベンジャーズ」の影響もあって、HAWK-II(ホーク2)の人気が高くなっていると感じますね。

※ ※ ※

 なお、千葉県警においては県警公式サイトにて「旧車會」を以下のように定義づけています。

「主として改造した旧型の自動車(二輪を含む)又は原動機付自転車を運転する者のグループに加入している者」を「旧車會員」という。

 この「旧車會員」のうち、「道路における自動車等の運転に関し、排気騒音や走行形態により一般通行車両や周辺住民に多大な迷惑を及ぼし、若しくは不安を与えることとなる行為を行う者で、暴走族に該当しないもの」を「違法行為を敢行する旧車會」という。

 旧車會員は「旧型の自動車等の愛好家から違法行為を敢行する者まで広範囲にわたる」

 また、千葉県警の交通捜査課は旧車會のツーリングと違反行為への取締りについて以下のように話しています。

「旧車會は暴走族の少年たちが昔やっていたような、ノーヘルで交差点の中をグルグル回ったり、蛇行運転を繰り返したりなどの行為はしていません。ツーリングは昼間に行うことが多く夕方には解散しているようです。

 取締りに関しては赤信号無視や蛇行運転など明らかな違反がある場合はその場でおこないますが、台数が数百台規模になるとそれも難しくなるので、後日、情報収集をおこなって違反を検証する場合もあります」

 また、令和3年版交通安全白書に興味深いデータを見つけました。

 そのデータとは「暴走族と旧車會の検挙状況」の違いです。

 2020年における暴走族の検挙人員はのべ8200人であるのに対して、旧車會の検挙人員は同787人と暴走族の1割以下。

 2020年に確認されている暴走族のグループ数は131に対して旧車會は510と暴走族の約4倍というグループ数でありながら、検挙人数は1割以下ということからも、旧車會メンバーのほとんどは古いバイクをカスタムして乗っている愛好家であると考えてよさそうです。