2021年9月27日、日産の欧州法人は新型LCV「タウンスター」を世界初公開しました。「LCV市場内のゲームチェンジャー」になると日産の欧州法人は説明しますが、どんなクルマなのでしょうか。

EV仕様と1.3リッターガソリン仕様を設定

 日産の欧州法人は、2021年9月27日に新型「タウンスター」を世界初公開しました。欧州市場における日産の新たなLCV(小型商用バン)として発表された新型タウンスターは、どんな特徴があるのでしょうか。

 ルノー・日産・三菱アライアンスのCMF-Cプラットフォームを採用する新型タウンスターは、2021年3月に世界初公開されたルノー新型「カングー」の日産版モデルにあたるクルマです。同社の「NV250」と「e-NV200」の後継モデルとして、今後欧州市場に投入されます。

 構造改革プラン「NISSAN NEXT」の一貫として投入される新型タウンスターについて、日産の欧州法人は「LCV市場内のゲームチェンジャー」であると説明。

 幅広いユーザーのニーズを満たすためにEV仕様およびガソリンエンジン仕様、バンタイプおよび乗用タイプをそれぞれ設定するほか、広い荷室、先進的な装備などを備えるのが特徴です。

 日産独自となる新型タウンスターのフロントフェイスには、同社の電動SUV「アリア」から採用が始まった日産の新しいエンブレムが配されるほか、ヘッドライト下部を通るシャープなVモーションデザインが、日産車らしい外観を主張します。

 EV仕様では空力に優れたフロントシールド(シールド状のフロントグリル部)など、アリアと同様のデザイン要素が受け継がれているほか、ガソリンエンジン仕様では織り模様のフロントグリルや空気の流れを最適化するフロントのエアカーテンが装備されました。

 内装は10インチのデジタルメーターと、Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応した8インチのタッチスクリーンが装備され、コネクティッド機能も充実しています。

 荷室容量は最大775リッターを確保。積載量は最大800キロ、けん引能力は最大1500キロというスペックです。テールゲートは、6:4分割の観音開き式と跳ね上げ式が設定されます。

 EV仕様の新型タウンスターは、最高出力122馬力(90kW)・最大トルク245Nmを発揮する駆動用モーターを搭載。駆動用バッテリーの容量は44kWhで、一充電での航続可能距離は285kmを確保しました。

 一方、ガソリンエンジン仕様の新型タウンスターは最高出力132馬力・最大トルク240Nmの1.3リッターエンジンを搭載。最新の排出ガス規制 ユーロ6d-Fullにも適合しています。

 予防安全装備および運転支援装備として、歩行者・自転車検知機能、ジャンクションアシスト付きインテリジェントエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)や「プロパイロットパーキング」(EV仕様のみ)、「インテリジェントクルーズコントロール」(ガソリン仕様のみ)などを装備。

 また、高速道路の巡航時・渋滞時にドライバーのストレスを軽減する「プロパイロット」(EV仕様のみ)も搭載されました。

 日産の欧州法人でLCV・法人セールスディレクタを務めるエマニュエル・セラザン氏は、新型タウンスターについて次のようにコメントします。

「ふたつの効率的なパワーユニット、人間工学に基づいたデザイン、そして独自の先進技術を提供する新型タウンスターは、変化し続けるお客さまのニーズに応えるためにさまざまな装備を備えています。

 排出ガス規制が強化され、都市部でのアクセス制限やラストワンマイル配送の需要がますます高まるなか、企業の大小にかかわらず、競争力を維持して業務を最適化するためには、効果的で持続可能なソリューションを見つける必要があります」

※ ※ ※

 欧州市場における、新型タウンスター以外の今後の日産LCVラインナップについて、「NV400」と「NV300」の後継モデルとして新型「インタースター」と新型「プリマスター」も導入される予定ということです。