2020年10月にフルモデルチェンジし、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、輝かしい経歴を持つスバル「レヴォーグ」ですが、実際の使用感はどうなのでしょうか。実際にレヴォーグのオーナーであり、子育てママでモータージャーナリストのまるも亜希子氏が語ります。

子育てカーとしてミニバンからの乗り換えでレヴォーグという選択肢

 我が家にスバル「レヴォーグ」がやってきて、2021年11月末で1年になります。グレードは「STI Sport EX」でボディカラーはWRブルー。現在の走行距離は1万1800kmです。

 子育てカーとしてミニバンからの乗り換えで、主に私が買い物や送り迎え、仕事で乗っています。

 ミニバンはとにかく小さい子どもがいるうちは便利だったので、ステーションワゴンに乗り換えるといろいろと不便に感じるかなと思いきや、結果的にはほとんど不満はなく大活躍しています。

 いちばん「レヴォーグを買ってよかった」と感じている点は、最も守りたい「後席」の安心感が高いということです。JNCAPで最高得点を獲得し、2020年に発売されたクルマで最も安全なクルマの称号を手にしたレヴォーグですが、それは乗っていても随所で実感させてくれます。

 不安定な挙動になりやすかったカーブでの安定感や、ブレーキング時のしっかりとしたカタマリ感をはじめ、横風が強い東京湾アクアラインのような道でも接地感が高いなど、ミニバンでは運転中に幾度もヒヤリとしていたシーンが、レヴォーグでは驚くほど平和なのです。

 とくに、後席で子どもが眠ってしまった時には頻繁にミラーでその様子を確認するクセがついているのですが、カーブや大きなギャップを乗り越えた時も子どもの身体がダラリと傾くことが少なく、SUBARUならではの低重心でシンメトリカルなメカニズムを実感し、安心することができます。

 また、あんなに嫌いだった渋滞が、そんなに苦痛ではなくなったのも予想以上のよい変化です。

 もちろんそれは、アイサイトのメインシステムが最新となったことと、高度運転支援技術を搭載したアイサイトXのおかげです。

 普段はアイサイトのみ作動させて高速走行をすることも多いですが、ナビ情報でこの先に渋滞があるとわかったら、すかさずアイサイトXのスイッチをON。条件が揃うとフロントガラスやメーターのサインがブルーに点灯して、50キロ以下の速度の場合ではハンズオフ走行が可能となります。

 ハンドルに添えていた両手を離し、膝の上に置いて力を抜くと、無意識のうちにこんなにも腕や肩が疲れていたんだなと気づきます。

 ハンズオフ走行中はスマホをいじったりはできませんが、すぐに運転再開できるようにスタンバイしつつ、手のひらのツボを押してマッサージしたり、ゆったりとドリンクを飲んだりすることが出来て、ロングドライブ中のひとときのリフレッシュタイムになります。運転中にリラックスできるのは本当にありがたい限りです。

「もう渋滞なんて怖くない」という意識にシフトしたことで、休日のドライブも億劫ではなくなりました。いつも家族サービスで運転手になってしまって、疲れているお父さんにはぜひ、このアイサイトXを試して欲しいと思います。

天井が高いミニバンと同等の積載性に、お肌が潤うエアコンも!レヴォーグの使い勝手

 使い勝手の面では、ラゲッジの実力の高さを実感。ミニバンは天井が高かったのですが、3列目シートを畳んだ状態で後方視界を確保すると、実質的に積める荷物の量はレヴォーグと同じくらいだったと判明。

 夫がレースで使う特大のスーツケースもすっぽり入り、子どもの自転車も余裕です。床下収納の容量が大きいので、ゴチャゴチャした荷物をまとめて入れたり、買い物袋を倒したくない時にすっぽりと置けたり、ただのだだっ広いスペースよりも我が家には使いやすいと感じています。

 後席を前倒しするのもレバーを引くだけで簡単だし、4:2:4分割なので4人乗っても長いものが積めるし、さすがレガシィのノウハウを受け継ぐスポーツワゴン。ハンズフリーオープンパワーリヤゲートもついていて、私はまだ使い慣れていなくてスイッチを押して閉めてしまうのですが、両手が塞がっていることが多い人ならこれも便利だと思います。

 室内の装備では、もう手放せないのが「エアコンマイルドモード」です。これはSTI Sportのみに標準装備されている「ドライブモードセレクト」の中から、コンフォートモードを選択すると変わるエアコン設定で、室内の湿度を下げることなく快適な温度にしてくれるという、通称“奥様モード”。

 当初は半信半疑のまま、私が乗る際にはいつもこのエアコンマイルドモードにしていたんですが、次第にあることに気がつきました。仕事で別のクルマに長時間乗った日と、レヴォーグに乗った日では、その夜にチェックする「肌水分量チェッカー」の数値に差が出るのです。

 レヴォーグに乗っていた日は52%くらいなのに対して、別のクルマに乗っていた日は43%くらいまで下がることもあってビックリ。それほどまでに、レヴォーグは私のお肌の潤いを保ってくれていたのかと思うと、ありがたい限りです。高い化粧品に変えるくらいなら、レヴォーグに乗った方がいいかもしれません。

 そして室内でもう1ついいところは、インパネのど真ん中にデーンと鎮座する、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ。購入前までは、光の反射で見えにくいのではとか、掃除が大変なんじゃないかとか、懸念していたところもあったのですが、それはまったくの取り越し苦労でした。

 光の反射に関しては、夜の街灯などの反射も含めてほとんど不快な思いをすることはなく、常によく見えます。これはデザイナーさんが見た目だけでなく、走行中の見え方や光の反射に関しての試験もしっかり行った上で、完成させてくれた努力の賜物だと感じます。

 スバルスターリンクでアップデートされる純正ナビとしても、スマホを連携しても、時と場合に応じて使い分けられるところも便利。USBが前席に2個、後席にも2個あるので、これから子どもが成長して自分のスマホを持つ年齢になっても、十分に使いやすいと思います。

 こうしてレヴォーグのいいところを挙げてきましたが、やっぱり最後はコレです。駐車場に戻ってきた時に、鮮やかなWRブルーと精悍なワゴンスタイルが目に飛び込んできて、ちょっといい気分になれるところ。

 そしてほんのご近所までのお出かけでも、1日がかりのロングドライブでも、「いいクルマを買ったな」としみじみ思えること。いろんなクルマに乗るのが仕事の私ですが、すでにレヴォーグに戻ると、まるで我が家に帰ってきたようにホッとひと息つくようになっています。

 この1年はコロナ禍での外出自粛期間が続いていたため、雪のシーズンにどこへもレジャーに出かけられなかったのが唯一の心残り。

 一応、12月から4月までスタッドレスタイヤに履き替えていたのですが、夫が仕事で雪道を走っただけで私は未体験のまま春に突入してしまい、今に至ります。なので、今年の冬こそは雪道でAWDの実力を試そうと楽しみにしているところです。