最近、タイヤのインターネット販売のCMや広告を目にする機会が増えました。ネット通販は手軽に安く購入できるというメリットがある反面、取り付けはタイヤショップに依頼しなければならないなど、実店舗で購入するときとは違う悩みもありそうです。

タイヤ購入はネットが便利! 購入時の注意点は?

 最近、TVやインターネットの広告でタイヤのネット通販のCMや広告を目にする機会が増えました。手軽に購入でき、しかも価格も安いのがネット通販のメリットでしょう。

 ネットで安く購入できたのはいいけれど、取り付けてくれるところを探すのは大変ですし、取り付け費用も気になるところです(ネット通販で指定のお店で取り付けてくれるところもあり)。

 ネットでタイヤを購入するときはどのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか。

 タイヤはネットでも購入しやすい商品です。安さを謳ったCMやインターネット広告もあり、メーカーサイトだけでなくユーザーの口コミ評価などを参考にしながら、価格も比較して選ぶスタイルが定番化しつつあります。

 できる限り安く購入したいのは当然ですが、タイヤの購入・交換は表示されている金額だけでは済まないケースがあるので注意が必要です。

 なかにはタイヤの本体価格を安めに設定しておきながら送料が高かったりするなど、安く購入したつもりが総額では余計に費用がかかってしまうということもあるようです。

 そういった事態を回避するために、購入するお店をしっかり吟味することが大切になります。

 またネットで新しいタイヤを買ったときは、別途ホイールに取り付ける作業が必要です。

 取り付けは購入者が手配しなければならないケースもあり、タイヤを取り付けてくれるショップや業者を見つけて依頼しなければなりません。

 また、メカニックや整備士、専門店スタッフなどに作業してもらうのですから、「取り付け費」や古いタイヤの「廃棄費用」が必要になります。

 人件費や送料などを省いているからこそネット通販が安いのであり、さまざまな費用をトータルで考えると、じつは大手量販店で装着してもらったほうが安かったなんてこともありそうです。

※ ※ ※

 軽自動車用タイヤだけでなく一般的な乗用車用のサイズでも価格が非常に安いタイヤが多いのもネット通販の特徴です。

 しかし、そういった安いタイヤのなかには、日本や欧州、アメリカなどのブランドではなくアジア諸国のブランドのタイヤがあり、性能面や耐久性で劣る商品が存在する可能性も否定できません。

 タイヤ業界もさまざまなメーカーが提携したり、さらには有名メーカーでも銘柄によってさまざまな国で生産されることもあるなど判断が難しくなっています。

 便利なネット通販ですが、難点は現物を確認できないまま購入しなくてはならないため、安さはひとつの基準ではありますが、実績あるブランドのほうが安心して購入できると思います。

取り付け費用が安いところと高いところは何が違う?

 ネット通販でタイヤを買った場合、別途取り付けを依頼したときの費用はどれくらいなのでしょうか。

 大手量販店などでは「取り付け費用0円」などのお店もありますが、実際は1本2000円から5000円程度が目安です(サイズなどによって異なる)。

 なかには1本500円で取り付けてくれるようなお店もありますが、取り付け費用に差があるのはなぜでしょうか。ベテラン整備士 H氏に聞いてみました。

「単純にホイールにタイヤを取り付けるだけなら安くできますが、価格の差は新しいタイヤをホイールに取り付けてからの『ホイールバランス調整』をするかしないかということです。これで値段が違ってきます」

 ホイールバランス調整とは、タイヤをセットしたホイールが、メーカーが設定している基準値内で回転しているかをバランサーと呼ばれる機械で確認・調整する作業です。

 これを怠ると、ハンドルが左右どちらかに取られたり偏摩耗の原因となってしまうといいます。

 正常に回転させるためホイールに数グラムのウェイトを貼り付けて微調整することで、気持ちよく安全に走れるようになるのだそうです。

「この作業はそれなりの技術と設備を必要とするため、作業費としては1本でも数千円はかかってしまうのです。それでも命を預けるタイヤなのですから、安いだけのお店よりキチンと『ホイールバランス調整』までしてくれるお店での装着を強くおすすめします」(ベテラン整備士 H氏)

 取り付け費用が安いのは魅力的ですが、多少費用がかかってもしっかりとした技術のあるお店でホイールバランス調整までおこなうことで、新しいタイヤの性能が発揮できるというわけです。

※ ※ ※

 タイヤの取り付け費用は4輪全部で1万円以上かかる場合もありますが、ホイールバランス調整でしっかり足回りを整えてもらえると思えば決して高いとはいえません。

 タイヤの性能や価格、取り付けのことまでしっかり吟味して、最適なタイヤ選び・交換をしましょう。

【訂正】記事初出時より本文を一部修正致しました。
(2021年10月17日 17:43 くるまのニュース編集部)