マツダは「CX-3」の特別仕様車「Super Edgy (スーパーエッジー)」を発表しました。発売は2021年11月下旬を発表しています。

内装に用いられたカッパーの差し色が上品さと色気を演出

 2021年10月14日、マツダはコンパクトSUV「CX-3」を一部改良し、あわせて特別仕様車「Super Edgy (スーパーエッジー)」を追加したと発表しました。発売は2021年11月下旬を予定しています。

 特別仕様車のスーパーエッジーは、ピラーから上部をブラック塗装した2トーン仕様を採用。

 サイドウインドウから上部のキャビンを一体に見せるデザインを採用したことで、流麗なスタイルを際立たせています。

 ボディカラーは新たに設定された「プラチナクォーツメタリック(ブラックキャビン)」を含む全4色から選択可能です。

 内装は黒を基本に、ダッシュボードやドアトリム、フロントシートバックなどに白を配色。

 シートの背面の中央部分や座面、エアコンルーバーリングには、挿し色としてカッパー(赤銅)色を用いることで、上品さと色気が演出されました。

 シート素材は、座面・背面の中央部分には手触りの良いスエード調人工皮革「グランリュクス」を、サイドサポート部分には滑らかな質感の人工皮革を使用しています。

 CX-3 スーパーエッジーの価格(消費税込)は、2WD仕様が297万円、4WD仕様が321万2000円です。

 マツダは、2021年10月14日からCX-3 スーパーエッジーの予約を受け付けています。

※ ※ ※

 特別仕様車の設定と同時に、CX-3の一部改良モデルも発表されました。

 前後のホイールアーチ部分をカバーするクラッディングとフロント、リアバンパー下部をグロスブラック塗装とした「ブラック グロッシー パッケージ」をセットオプションとして「15S Touring」「15S Urban Dresser」「XD Touring(6EC-AT車)」に追加。

 また、オプションとしてスマートフォンをコンソールに置くだけで簡単に充電できるワイヤレス充電を設定したほか、Apple CarPlay ワイヤレス接続を「15S Super Edgy」「XD Super Edgy」グレードにオプション設定します。

 マツダコネクトセンターディスプレイの画面サイズ拡大(7インチから8インチ)、AWD車へのワイパーデアイサーの標準設定、ボディカラーに新色「プラチナクォーツメタリック」追加などの変更が加えられています。

 一部改良を受けたCX-3の価格は、189万2000円から269万5000円です(特別仕様車 スーパーエッジーを除く)。