日産「キャラバン」(ガソリン車)が2021年10月14日にマイナーチェンジしたことにともない、車中泊仕様車なども内外装のデザインなどが一新されました。一体どんなモデルなのでしょうか。

「マルチベッド」「トランスポーター」もマイチェン

 日産「キャラバン」(ガソリン車)のマイナーチェンジにともない、同車をベースとした車中泊仕様車もマイナーチェンジして2021年10月20日に発売されました。

 キャラバンの車中泊仕様として設定される「マルチベッド」と「トランスポーター」がラインナップされています。

 マルチベッドは、荷室スペースに左右跳ね上げ式のベッドシステムとフロアパネルを装備することにより、車内での快適な休憩や宿泊のための機能を有しながら、積載性も兼ね備えたモデルです。

 ベッドは荷室全面にわたって展開できたり、左右に独立させた状態で使用できます。また、ベッドをベンチとして、オプションのテーブルと組み合わせて使用することも可能です。

 またトランスポーターは、フロアの強度と耐久性を向上し、アウトドアスポーツなどの大きく重量のある道具の運搬に適したモデル。

 フロアは撥水性にも優れ、掃除などのお手入れのしやすい仕様としています。また、オプションのベッドシステムを装備すれば、車中泊も可能となります。

 今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルとフロントバンパーを刷新し、よりダイナミックで力強く、存在感のあるデザインとしました。

 さらに、インテリアは黒を基調とし、新型ファインビジョンメーター(5インチTFTディスプレイ付)や、新形状のD型のステアリングを採用するなど、質感を向上しています。

 また、車中泊仕様車では、従来の「プレミアムGX」に加え、新設定の最上級グレード「GRAND プレミアムGX」も追加。それぞれのグレードで、シートとベッドシステムの表皮を統一し、インテリアをトータルコーディネートしました。

 安全面では、歩行者の検知も可能となった「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を全車に標準設定しています。

 価格(消費税込)は、キャラバン マルチベッドが349万8000円から369万3000円、キャラバン トランスポーターが339万1300円から356万700円です。

※ ※ ※

 キャラバンのマイナーチェンジでは、「ライフケアビークル(LV)」シリーズおよび「ワークユースビークルシリーズ」(ワゴンワイドボディ・幼児通園専用車・中温冷凍バンなど)においても、ベース車と同様に内外装のデザイン変更や安全装備の充実が図られました。