自動車業界ではSUVの人気が続いていますが、なかでもコンパクトSUVは幅広い世代の関心を集めているといいます。では、ユーザーはコンパクトSUVにどのような要素を求めているのでしょうか。

数多くあるSUVのなかでもコンパクトSUVが人気なワケは?

 現在の国内市場では、SUVジャンルのなかでもとくにコンパクトなボディサイズのモデルが人気となっています。

 では、ユーザーがコンパクトSUVを検討するポイントとはどのようなところにあるのでしょうか。

 SUVには、海外で使われるセグメントという言い方では、Aセグメント、Bセグメント、CセグメントなどがコンパクトSUVとして分類されています。

 国内においては、コンパクトSUV、ミドルサイズSUV、ラージサイズSUVと分類することが多く、コンパクトSUVに関しては明確な定義はないものの、一般的には全長4500mm未満のSUVを指すことが多いです。

 また、コンパクト=小型自動車(5ナンバー車)という印象がありますが、5ナンバー車の定義は「全長4.70m以下、全幅1.70m以下、全高2.00m以下、排気量2.00リッター以下」となります。

 しかし、全長4500mm-4700mmのSUVではトヨタ「RAV4」やホンダ「CR-V」、日産「エクストレイル」、マツダ「CX-5」などが当てはまりますが、一般的には前述のミドルサイズSUVとして分類されていることがほとんどです。

 2021年10月現在、国内で販売されている国産コンパクトSUV(全長4500mm以下)には以下のようなラインナップが存在します(登録車のみ)。

 トヨタは「ライズ」「ヤリスクロス」「C-HR」「カローラクロス」、マツダは「CX-3」「CX-30」「MX30」、スズキは、「ジムニーシエラ」「クロスビー」と、コンパクトSUVでも複数モデルを設定。

 そのほかのメーカーは、ホンダが「ヴェゼル」、日産は「キックス」、スバルが「XV」、三菱は「RVR」、ダイハツが「ロッキー」と、1モデルずつとなっています。

 このように各社がさまざまなラインナップを揃えているうえに、多様化するニーズに合わせた「シティー派」「アウドドア派」のデザインや、「使い勝手」「快適性」など特徴も異なります。

 また、パワートレインでは基本的にガソリン車とハイブリッド車を設定するモデルが多いですが、キックスはハイブリッド専用車、マツダではディーゼル車を設定するなど、そのあたりもメーカーの独自性が見て取れます。

 こうした激戦区ともいえるコンパクトSUVにおいて、ユーザーはどういった部分を検討ポイントとして考えているのでしょうか。

 SNSではコンパクトSUVを選ぶ基準で最初に考えることとして、以下のふたつの要素を挙げていることが多く見られます。

「維持費の安いコンパクトサイズを探している」
「実用性を重視して選んでいる」

 このように、大きなクルマが普段使いに必要がなくなった人や、クルマにステータスを求めるより、実用性を重視しているといった声があります。

 そして実際にコンパクトSUVを選ぶ時にSNSの声では、以下のような要素が見られます。

「デザインが好みかどうか」
「運転がしやすいか」
「室内が広く荷物が載せやすく沢山積めるか」

 自分好みのデザインなのか、そして自分のライフスタイルにあっているかどうか気にするようです。

 このほかにもSNSでは「燃費性能はどうなのか」「走破性は?4WD性能はどうか」「スマホとつながるのか」といった、クルマの性能に関する部分を見極めるといった声もありました。

 このようにSNSでは、コンパクトSUVを選ぶ際にさまざまな声がありますが、取り回しのしやすさや経済性を重視して選ぶといった声が大半を占めていました。

各自動車メーカーではどんな反響がある? 人気SUVに対する生の声とは

 では、各社販売店ではコンパクトSUVに対してどのような反響があるのでしょうか。

「トヨタでは、ライズ、ヤリスクロス、C-HR、カローラクロスなどがコンパクトSUVとして存在します。それぞれサイズが異なりますので、お客さまは自分の用途に合わせて選んでいるようです。

 とくにヤリスクロスでは、コンパクトなサイズながら荷室の使い勝手を重視しているため、そのあたりを気に入って頂いています」(トヨタ販売店)

「コンパクトSUVではキックスがあります。以前は『ジューク』もありましたが、いまは日本での販売はなくなっております。

 現在はe-POWER専用となるキックスのみですが、キックスはEVのような加速感が特徴でお客さまから好評です。しかし、コンパクトSUVでガソリン車を求めるお客さまもいますので、そのあたりは販売側としては厳しい部分です」(日産販売店)

「2021年4月に2代目へとフルモデルチェンジしたヴェゼルが好調です。デザインが新しくなったことや、ハイブリッド車『e:HEV』のフィーリングなどが好評を頂いています。また、サイズに関しては先代と大きく変わっておらず、そのあたりも『ちょうどいい』という声を頂いています」(ホンダ販売店)

※ ※ ※

 コンパクトSUVは、取り回しが良く、しかも5人乗車が可能、さらに荷物も積めるなど、近年人気が高まっています。

 SUV自体の人気に加えて、日本の道路事情に適したサイズ感のため、今後もこの人気は続くと見られます。