トヨタの北米法人は、2021年10月21日に「シエナ」の開発責任者を務めたクレイグ・ペイン チーフエンジニアのインタビューを公開しました。全長5m超えのボディを持つトヨタの海外専売ミニバンとして知られるシエナですが、どんな点を意識して開発されたのでしょうか。

ユーザーのリアルな使い方を学び続けることが需要

 トヨタの北米法人は、北米を中心に展開されるミニバン「シエナ」の開発責任者、クレイグ・ペイン チーフエンジニアのインタビューを2021年10月21日に公開しました。

 シエナは、4代目となる現行モデルが2020年5月に発表された後席両側スライドドアを備えるミニバンで、ボディサイズは全長5174-5184mm×全幅1994mm×全高1740-1770mm。

 北米のほかに台湾や韓国にも投入されており、2021年8月には中国仕様も発表されました(年内発売予定)。

 そんなシエナですが、4代目の開発にあたってチーフエンジニアのクレイグ・ペイン氏はどのようなポイントを重視したのでしょうか。

 トヨタの北米法人が公開したインタビューでは、クレイグ・ペイン氏の経歴も含めて紹介されています。

※ ※ ※

――あなたのトヨタでの仕事について教えてください。

 現在私は、シエナの開発担当チーフエンジニアを務めていますが、じつはシエナの生産開始時期よりも前からトヨタに在籍しています。

 私は1996年に、ボディとシャシの強度評価グループに所属するチームメンバーとして入社しました。2005年に製品開発チームに異動し、初代「ヴェンザ」を担当した後、シエナや「ハイランダー」などのミッドサイズSUVを担当しました。

 私のチームは全体的に車両や商品の企画を担当しており、お客さまのニーズを満たすために、営業と協力して価格や仕様を決定したり、デザイン部門や製造部門と協力してお客さまの体験を向上させたりと、チームと全社的に協力しています。

――エンジニアリングや商品開発のプロセスにおいて、ユーザーはどのような役割を果たしているのでしょうか。

 もっとも重要な役割です。トヨタではこれは誰にでもいえることで、会社のどの分野で働いていても、常にお客さまが中心です。

 私たちの仕事の多くは、お客さまが何を求めているかを判断し、それをクルマに反映させることです。ですから、お客さまからのフィードバックは、開発プロセスにおいて不可欠なステップなのです。

 車両に追加することを検討している新機能があれば、モックアップを作成してカスタマーフォーカスグループと共有し、実際のエンジニアリングに入る前にお客さまの意見を聞くことができます。

 開発プロセスを通じて複数のフォーカスグループを開催しているとはいえ、私たち自身が消費者でもあるのです。私たちや近所の人、友人、家族の多くがクルマに乗っているので、彼らと話をしたり、彼らがどのようにクルマを使っているのかを見たりすることができます。

 お客さまがどのようにシートを使っているのか、鍵やバッグをどこに置いているのか、カップホルダーをどのように使っているのかなど、実際に目で見て確認することができます。そして、お客さまの言葉や私たちの観察結果を、現実のものにしていくのです。

 エンジニアとしてはできるだけ多くの使用用途を考えていますが、お客さまの使い方は千差万別ですから、お客さまの声を聞き、見て、学ぶことが大切なのです。

ハイブリッド専用車への移行 大変だった点とは?

――ユーザーが将来のクルマにもっとも求める機能は何でしょうか。

 今日の自動車は、お客さまだけでなく、日々利用するさまざまなテクノロジーとシームレスにつながっていなければなりません。これにより、新たな期待と課題が生まれ、同時にお客さまの体験全体を向上させる新たな機会も生まれています。

 また、お客さまが拡張性を求めていることもわかっています。お客さまはクルマを自分のものにしたいと考えていますから、私たちも拡張性を提供したいと思っています。クルマは、お客さまの生活を補完するものでなければなりません。

――ユーザーのことを考えたクルマづくりの醍醐味は何でしょうか。

 クルマが、お客さまが自立する一助になることです。2歳の子どもが1人でクルマに乗れるようになったり、12歳の子どもが軽い力で3列目シートを収納できるようになったり、80歳の方が誰の助けも借りずに約束の場所に行けるようになったりと、自立しているという実感が得られれば得られるほど、モビリティの価値が向上していきます。

――シエナには、ユーザーが気づいていないような、生活をより快適にするための新機能がありますか。

 大人だけでなく、お子さまや多世代のご家族の利用も想定されています。

 シエナの後部座席には、アシストグリップなどの小さな工夫が施されています。これは、2歳から3歳ぐらいのお子さまが体を動かせるようになると、自立した感覚を欲しがることを知っているからで、アシストグリップにより乗り降りがしやすくなります。

 また、お年寄りの方の中には乗り降りが困難な方もいらっしゃると思いますが、そのような方のためにステップ高を低く設定しています。このように、利便性を高めるためのお客さまが気づかないようなちょっとした工夫が、意図的に施されているのです。

 また、私はセンターコンソールのデザイン変更をとても気に入っています。このスタイルのコンソールを採用することで、この種のクルマに必要な大きな機能的な開口部やコンソールボックスのスペースを確保しつつ、全体的なインテリアの雰囲気を変えています。

――4代目シエナでもっとも重要な変更点として、ハイブリッド専用車になった点が挙げられます。そのエンジニアリングプロセスについて、少し教えてください。

 私がもっとも誇りに思っていることのひとつは、シエナのパワーユニットラインナップからV型6気筒などのガソリン仕様を廃止し、ハイブリッド専用車に移行したという決断です(2.5リッター直列4気筒エンジン+モーターを搭載)。

 燃費を向上させ、環境への影響を低減させることは、お客さまにとっても当社にとっても重要なことなので、これは当然のことです。

 私のチームは、新しいパワーユニットを使用しても目標とする性能を達成できるようにするため、非常に大きな仕事をしました。

 また、クルマの加速感やトランスミッション(電気式無段変速)の制御など、ドライビング・ダイナミクスに対するお客さまの期待にも気を配り、ハイブリッド専用車になっても期待を損なわないように努力しました。

※ ※ ※

 シエナは日本で販売されないモデルではあるものの、2021年10月16日・17日には神奈川県の商業施設「トレッサ横浜」内でシエナの実車が特別展示されました。

 2021年現在、国内導入の予定はないというものの、近いボディサイズのミニバン「アルファード」がトヨタの国内ラインナップで上位の売れ行きを見せていることから、シエナも国内導入されれば一定の人気を集めそうです。