トヨタ200系「ハイエース」で2021年度の全日本ラリーにスポット参戦しているモータージャーナリスト国沢光宏氏。2021年10月24日に北海道・蘭越町で開催された「ARKスプリント300」は、初のグラベル(未舗装路)ラリー挑戦になりました。いったいどんな結果になったのでしょうか。

理由は「楽しそうだから!」ハイエースでラリー参戦

 よく「なぜハイエースでラリーなのか?」と聞かれます。答えは簡単。「楽しそうだから」です。

 誰もやっていないことをすると、想像と違うことがたくさん出てくる。新しいチャレンジって、すべて好奇心から出てくるんだと思う。そして私らメディアにとって重要な、皆さんが興味を持ってくれるという副次的な「面白さ」もあります。

 私が熊にやっつけられたら当たり前の話。けれど私が熊をやっつけたら面白い話になります。

 ハイエースでのラリーも同じ。「平気なんですか?」という人も、走行動画を見てもらった途端「これは凄い!」と賛同してくれる。ということで今回出場したのは、ハイエースにとって初めてのグラベル(未舗装路)ラリー。

 車高を下げて重心を低くしたセッティングで走る舗装路のラリーですら「コケるんじゃないの?」といわれるハイエースながら、今回砂利道を走るため車高を上げている。加えて平坦な舗装路と違い、砂利道は深いわだちがあるなど、リスク大きそう。

 しかも荷物積んでいないハイエース、後輪荷重極めて少ない。「簡単に滑る」ということ。

 実際、シーズン前の試作車で砂利道を走ったらテールの流れの早さに面食らい、ステアリングギアレシオがスポーツモデルより低いため(いわゆるロックtoロックが大きい)、適切なカウンターステアもできず内側の土手に突っ込み「しくしく」になってしまった。「コケないか?」や「スピンしないか?」で最初から不安いっぱいです。

 ここまで読んだ読者なら「だったらやらなきゃいいのに」と思うだろう。ムササビの服着て空を飛んでいる人も、飛ぶ瞬間は「なんでこんなことしてるんだ?」と考えているハズ。でもやっぱり、不安より好奇心が勝ってしまうのでした。

 ということで迎えたラリー当日。場所は北海道の蘭越町。美しい羊蹄山やニセコを望む素晴らしい場所だ。

ハイエースでグラベルを速く走るためのテクニックとは

 スタートは蘭越町長さんがスタートフラッグを振ってくれる。初めて迎えたSS(スペシャルステージ=通行止めにした競技区間)。果たしていかに?

 走り出すと予想通り普通のラリー車と大きく違う。そもそもハイエースは、後輪荷重が20%程度しかない後輪駆動車のため、全開スタートすると路面を引っ掻きまくってしまう。

 コーナーでは、予想どおり簡単にテールが流れる。普通のラリー車のつもりで横を向けながらコーナーに入るべく走らせたら、コーナー入口で真横になってスピンしちゃうだろう。

 上手に滑らせながらコーナーに入れたら、なるべく早く横を向いた姿勢を立て直さなくちゃならない。失敗すると横を向いたままコースから落っこちます。

 3km少々のSS1と7km少々のSS2は、ハイエースの特性に慣れていないため暴れまくり! 何度か後輪をコースから落として冷や汗を掻き、何度かコーナー入り口でスピンしそうになったり。

 ラリー仕様のハイエースを開発したサンコーワークス代表の喜多見孝弘さん(私よりドライバー歴が長い)に大負けしてしまった。こうなると悔しいのなんのって! 負けるの、好きではない。

 とはいえ12km少々走ったら、なんとなくハイエースをグラベルラリーで走らせるテクニックも見えてきた。

 そこでSS1と同じコースを使うSS3は、フルアタックをしてみる。ハイエース、暴れまくり! 写真のような姿勢でコーナー攻める! あまり横を向けるとタイムが出ないため、いわゆる「ゼロカウンター」を心がけます。

 9秒縮めたら、ライバルである(同じチームですけど意地の張り合いでガチバトル)喜多見選手も4秒タイムを詰め、1秒負け。悔しい! 何度も飛び出しそうになるほど気合い入れたんですけど・・・。

 ちなみにSS2を使うSS4は、エンジンの使い方の関係で直線での車速が出ていないらしく(後で聞いたら回転数が違う)、今回は張り合うのは諦める。

 そしてSS1と同じコースを使う3回目の勝負となるSS5は、小数点以下まで同タイム。これだからラリーは面白い!

 ということでハイエースのグラベルラリー、相当楽しめました。絶対的な速度が低くても、コーナーは見ていて楽しいし、ライバルとの競り合いこそ競技の本質だと思う。佐川急便とかフェデックスとか出てきて欲しいです。