日産「キャラバン」がマイナーチェンジして発売されました。新型キャラバンについてユーザーはどのような印象を抱いたのでしょうか。

マイチェンで色々変わった新型キャラバン

 日産の商用バン「キャラバン」がマイナーチェンジして2021年10月20日に発売されました。

 今回マイチェンしたのはガソリン車のみ。さらにガソリン車の車名が従来の「NV350」が外れてキャラバンに変更しています。

 新型キャラバンは、外観のデザインを刷新。よりダイナミックで力強いフロントフェイスになりました。

 新たなデザインになったキャラバンについて、ユーザーはどう感じたのでしょうか。SNSでアンケートを実施しました。

「新型キャラバンのデザインについてどう思いますか?」という質問では、「とても良い」が31.0%、「まあまあ良い」が51.7%、「それほど良いと思わない」が17.2%と、80%以上の回答者が好印象を抱いたようです。
 新型キャラバンのデザインについて、「ボリュームが増して格好良い」「新しい顔に見え、かつ厚みのあるデザインで高級な雰囲気があります」「シャープになったように感じた」など、好意的な意見が多かったです。

 その一方、「変化がわからない」「セレナやエルグランドみたいにオシャレな顔が希望」など、もっとデザインを変えてもよかったのではないかという声も挙がりました。

 新型キャラバンのエクステリアは、フロントグリルとフロントバンパーを一新し、よりダイナミックで力強く、存在感のあるデザインになりました。

 ボディカラーには、雪原を想起させる「ピュアホワイトパール」、漆黒の夜空をイメージした「ミッドナイトブラック」、アウトドアシーンで存在感が光る「ステルスグレー」の3色の新色を追加しています。

 また、よりスタイリッシュな外装パーツやキャラバン唯一の防水シートを備えた特別仕様車「プロスタイル」の設定や、個人ユースとして最適な、専用内外装の仕様を施した最上級グレード「GRANDプレミアム GX」をバンに新設定するなど、幅広い選択肢を用意しました。

キャラバン vs ハイエース どっちが好み?

 次に、キャラバンのライバル車であるトヨタ「ハイエース」と、どちらが好みかを聞いてみました。

 その結果は、キャラバンのほうが好みと回答した人は68.9%、ハイエースのほうが好みと回答した人は31.1%となり、今回の調査ではキャラバンの人気が高かったです。

 それぞれの意見は次のようです。

●キャラバン派
 ・デザインが洗練されている感じがする
 ・比べてみるとキャラバンのほうがスタイルが良い
 ・日産ファンだから
 ・ハイエースは街に溢れすぎているから

●ハイエース派
 ・車体サイズの選択肢の多さとハイエースの道具感が自分の使い道に合っている
 ・圧倒的な耐久性
 ・ハイエースのメーター周りのデザインが好き
 ・質実剛健なスタイルが良い

 実際はハイエースのほうが販売台数が多いのですが、キャラバンへの評価も高いことがわかります。

 実質的に、このクラスの商用バンはハイエースとキャラバンの二択となっており、存在感のあるデザインへと変更したキャラバンがハイエースにどこまで迫れるか注目されます。

※ ※ ※

 新型キャラバンは外観が新しくなっただけでなく内装も変更。先進的で視認性、操作性を大幅に向上した新型ファインビジョンメーター(5インチTFTディスプレイ付)や新形状のD型のステアリングを採用するなど、質感が大幅に向上しました。

 さらに、新たに「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を全車標準装備するなど、安全性も高めています。

 なお、今回のマイナーチェンジより、2.5リッターガソリンのワゴンとバンの一部(標準幅&ハイルーフ)に4WDを追加。また、MT車が廃止されるなど、多岐にわたって変更が加えられました。