2021年9月2日に、欧州日産のデザイン担当マシュー・ウィーバー氏が、初代「シルビア」をモチーフとしたEVのデザインイメージを作成して公開し、シルビアがEVで復活するのではと大いに話題となっています。そこで、これまでに登場した特別なシルビアを、3車種ピックアップして紹介します。

いま大注目のシルビアの特別なモデルを振り返る

 日産は自社の企業活動を発表する場として、WEBサイトの「NISSAN STORIES(日産ストーリーズ)」をグローバルで展開しています。

 このNISSAN STORIESの欧州版サイトで2021年9月2日に、初代「シルビア」をモチーフにしたEVのデザインイメージを公開し、シルビアが電気自動車として復活するのではと大いに話題となっています。

 EVシルビアのデザインイメージを作成したのは、欧州日産のデザイン担当バイスプレジデントであるマシュー・ウィーバー氏で、洗練された初代シルビアのデザインをベースにEVをつくったらこうなるという、現状ではあくまでもスタディモデルです。

 シルビアは1965年に高級なスペシャリティカーとして誕生し、7代目の「S15型」をもって2002年に、長い歴史に幕を下ろしました。

 その後は何度か復活が噂されましたが現在まで実現しておらず、そんななか今回のデザインイメージ公開がきっかけで、再びシルビアが注目されています。

 そこで、歴代のシルビアのなかから特別に仕立てられたモデルを、3車種ピックアップして紹介します。

●日産「シルビア コンバーチブル」

 1988年5月に5代目となる「S13型」シルビアが発売されました。小型でスタイリッシュなFRクーペとして開発され、デザインや走りが高く評価されて大ヒットを記録。

 そして、同年7月には早くもバリエーションの拡充がおこなわれ、登場したのがシリーズ初のオープンカーである「シルビア コンバーチブル」です。

 ベースとなったグレードは、最高出力175馬力を発揮する1.8リッター4気筒ターボエンジン「CA18DET型」を搭載した最上級グレード「K’s」の4速AT車で、日産の関連会社で特装車をメインに製造するオーテックジャパンによって開発されました。

 作り方はベースモデルのルーフやピラーを切除し、耐候性に優れたドイツ製の電動開閉式ソフトトップを装着する手法で、多くの製造工程は手作業でおこなわれたといいます。

 ソフトトップを格納するためにリアシートのスペースは狭められていましたが、乗車定員は4名とされました。

 ソフトトップを閉じるとスタンダードなクーペと変わらず洗練されたフォルムで、ソフトトップを開ければフラットなウエストラインから伸びやかなデザインが強調され、どちらも美しいスタイリングを実現していました。

 その後、1990年のマイナーチェンジでコンバーチブルは販売を終了し、短命なモデルでしたが、今も語り継がれる存在です。

 ちなみにコンバーチブルは改造申請に基づく持ち込み登録扱い車両で、車検証の型式は「E-S13(改)」となっていました。

●日産「シルビア オーテックバージョンK’s MF-T」

 1994年にデビューした6代目の「S14型」は、トップグレードに最高出力220馬力を誇る「SR20DET型」エンジンを搭載し、足まわりやブレーキの改良によってスポーツカーとして正常進化を果たしていました。

 しかし、S14型は3ナンバーサイズに拡大されたボディや、丸みを帯びた外観デザインが不評で、日産は1996年にフロントフェイスを一新して、シャープな印象を取り戻しました。

 この後期型をベースにオーテックバージョンが、1997年にアグレッシブなコンプリートカーの「シルビア オーテックバージョンK’s MF-T」を発売。

 シルビア オーテックバージョンK’s MF-Tの外観は、専用のフロントバンパーにサイドステップ、さらに最大の特徴であるそびえ立つような大型リアスポイラーを装着し、迫力あるスタイリングに変貌しています。

 内装ではホワイトメーターやMOMO製スポーツステアリングなどを装備し、専用の生地を採用したシートやドアトリムによって、よりスポーティな印象です。

 この大胆な外観デザインにふさわしく、エンジンは専用のターボチャージャー、大容量のインタークーラー、専用ECUなどでチューニングされ、SR20DET型は最高出力250馬力までパワーアップしていました。

 シルビア オーテックバージョンK’s MF-Tは限定生産ではありませんでしたが、「S15型」へのフルモデルチェンジのためわずか1年ほどで生産を終え、今ではかなり貴重なモデルです。

 なおS14型ではほかにも、NISMOがチューニングした最高出力270馬力のコンプリートカー「NISMO 270R」が存在します。

●日産「シルビア ヴァリエッタ」

 1999年に登場したS15型は、ボディを5ナンバーサイズにダウンサイジングし、さらにエッジの効いたシャープなフォルムとすることで、人気の巻き返しを図ったモデルです。

 そして、翌2000年には、S13型以来となるオープンカーの「シルビア ヴァリエッタ」が発売されました。

 開発は前出の2台と同じくオーテックジャパンの手によるもので、国産車初となるフルオープンタイプの電動メタルルーフを採用していました。

 ベースとなったグレードは「spec-S」で、最高出力165馬力(MT車)の2リッター直列4気筒自然吸気エンジンを搭載し、トランスミッションは4速ATと5速MTが設定されました。

 外観ではオープン時にルーフを格納するためトランクリッドが大型化されるなど、Bピラーから後ろの部分は大幅に手が加えられていました。

 また、オープンの状態ではフラットなデッキで美しいシルエットを実現し、クローズ時はロー&ワイドなフォルムを強調したユニークなスタイリングです。

 室内は2+2の4人乗りとなっていましたが後席のスペースはかなり狭く、あくまでも緊急用に使える程度でした。

 シルビア ヴァリエッタは、スタイリッシュなS15型をより華やかに演出したモデルでしたが、2002年にシルビアの生産が終了したため、やはり短命に終わりました。

※ ※ ※

 日産はピュアEVの「リーフ」や、4WDを設定する電動SUVの「アリア」をラインナップしており、これらのコンポーネンツを利用すれば後輪駆動のEVを開発することも十分に可能でしょう。

 そうなると、EVでシルビアが復活するという話も夢ではありません。

 また、脱炭素化に向かって今後はEVのラインナップも増えることから、その次の段階でEVにも多様性が求められると想像でき、電動スポーツカーの誕生も大いに期待できます。