2022年1月に待望の「ジムニー5ドア」がお披露目されるようです。どのような経緯で登場するのでしょうか。

え? 2022年1月に「ジムニー5ドア」が公開されるの?

 スズキ「ジムニー」は世界中でファンの多いもモデルです。
 
 日本では、軽自動車「ジムニー」と小型車「ジムニーシエラ」がラインナップされていますが、どちらも3ドア仕様となっています。
 
 一方で、ユーザーからは「5ドア仕様が欲しい」という声も出ていますが、そうしたなかで2022年1月に5ドア仕様のジムニーがお披露目されるようです。

 ジムニーの歴史は、1970年に軽自動車として発売以来、悪路走破性とコンパクトな車体による取り回しの良さにより、さまざまなシーンで活躍してきました。

 また同時に、本格的な四輪駆動の性能と親しみやすさからレジャーを目的とした需要も開拓したことで、日本でのコンパクト4WDの市場を築き上げてきました。

 一方のジムニーシエラは、1977年に発売された800ccエンジンを搭載する「ジムニー8」の後継車として登場。

 軽自動車のジムニーをベースに海外市場においても小型で本格的な四輪駆動車として活躍し続けてきました。
 
 現行となるジムニー/ジムニーシエラは2018年7月に登場。「新開発ラダーフレーム」に、「FRレイアウト」、「副変速機付パートタイム4WD」、「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」というジムニー伝統の車体構成を継承しています。

 パッケージは、機能を追求したデザインに加えて荷室空間の広さや使いやすさを進化させつつ、取り回ししやすいボディサイズを実現しました。

 そうしたなかで、今回5ドア仕様ジムニーを制作したのは自動車専門学校のNATSこと日本自動車大学校の学生達です。

 ベースとなるのは、NATSの先生が所有するジムニーシエラ(2019年式)となり、車名は「NATS JIMNY kimun kamy」と名付けられました。

 制作コンセプトについてNATSは「5ドアのジムニーが話題になっているなか、世界で初めてのジムニー5ドアを製作。広い層のユーザーに選んでもらえる最強の遊び車を!」と説明しています。

 そのため、5ドア化にあたりジムニーシエラのボディ400mm延長。さらに、6インチのリフトアップを図っています。

 また、外装パーツとしてIPF製ライトバーやオリジナルアウターロールゲージを装着。

 足元には、BLACK RHINOの17インチホイールにTOYOTIRESのOPEN COUNTRYを履かせることでオフロード性を向上させました。

 エンジンは、GReddyのボルトオンターボキットやハイパフォーマンスECU、排気系はGReddyクロスエキゾーストなどでチューニングしています。

 また、REGRESSカーサイドタープテントや、FELDON SHELTERクロウズネスト・ルーフトップテントも装着され、アウトドアも出来る仕様となりました。

 5ドアジムニーについて、NATSの担当者は次のように説明しています。

「ユーチューバーでもある当校の有田先生が新車でジムニーシエラを購入し、ローンが残っていて乗り出し3か月の車両を提供しました。

 学生とオーナー(有田先生)自らがフレーム&ボディをカットし、世界初の5ドア化ジムニーを製作しております。

 またオーナー(有田先生)のアウトドア車両にしたいというわがまま(!?)な希望から各社ご協賛をいただき、宿泊もできる最強オフロード車が完成します」

※ ※ ※

 2021年11月末現在、5ドアジムニーは制作途中ですが、ボディ延長やリフトアップは済んでいるようです。

 最終的な完成車のお披露目は、2022年1月に開催される「東京オートサロン2022」のNATSブースとなります。