トヨタが誇るショーファーカー「センチュリー」。ボディを1400mm延長した「センチュリーリムジン」なるものが2022年1月にお披露目されるようです。

長すぎるセンチュリーがスゴい!

 日本を代表するショーファーカーであるトヨタ「センチュリー」は、1967年に初代が発売されてから50年以上の歴史を持っています。
 
 そんなセンチュリーをリムジン化した「センチュリーリムジン」が2022年1月に世界初公開されるといいます。

 センチュリーは、皇室や政府関係者、大企業の社長や役員など、さまざまなVIPを安全かつ快適に移動させるために誕生。

 車名の由来は、初代が誕生した1967年がトヨタの源流である織機事業を興した豊田佐吉氏生誕100年かつ明治100年だったことから、英語で「一世紀=100年(センチュリー)」と名付けられました。

 1997年には2代目、2018年には3代目が発売され、2021年現在でも日本が誇るショーファーカーとして君臨しています。

 そんななか、2代目ベースにしたセンチュリーリムジンなるものが制作されているといいます。

 2代目のボディサイズは、全長5270mm×全幅1890mm×全高1475mm、ホイールベース3025mmです。

 パワートレインは、日本で唯一となる5リッターV型12気筒エンジンを搭載する最高峰の大排気量モデルとなります。

 この2代目をリムジン化したのは、千葉県にある自動車専門学校の日本自動車大学校(通称NATS)の学生達で、このセンチュリーリムジンには「NATS Low limo」の名称が名付けられました。

 NATSは車両コンセプトについて、次のように説明しています。

「“低く 長く 美しく” 高級セダンのセンチュリーをリムジン化。

 さらにローライダースタイルを取り入れることで和と米の融合を果たします」

 リムジン化するにあたりボディを1400mm延長することで全長6670mmとなり、延長部分の加工は学生達が切断・溶接・補強をおこないました。

 またローライダー仕様にするためにSKIPPER製のハイドロ・ニューマチックサスペンション「ハイドロリクス」を装着しています。

 見た目は正面や真後ろから見れば従来と変わらない2代目ですが、横から見ればその長さに驚きを隠せません。

 センチュリーリムジンの制作について、NATSの担当者は次のように話しています。

「センチュリーリムジンのローライダー仕様を製作しています。

 当初は新型センチュリー顔にスワップする予定でしたが、やはり部品が高く実現することができませんでした。

 ですので、2代目のTA-GZG50のままいくことになりました。また、1mくらいの延長が『やっぱり1m40cmまで延長したい!』となり、NATS史上最大のストレッチリムジンとなりました。

 さらにローライダー化(ハイドロ化)することで、めっちゃ長いめっちゃ低いセンチュリーが完成します。もちろん内装も製作しております」

※ ※ ※

 世界でただひとつの学生達が作り上げるセンチュリーリムジン。

 完成披露は2022年1月に開催される東京オートサロン2022のNATSブースでおこなわれるといい、最終的にはナンバープレートを取得する予定だといいます。