2021年11月25日に発表されたスバル新型「WRX S4」に、デザイン性や機能性を高める各種パーツが設定されました。どのようなアクセサリーがあるのでしょうか。

デザイン性と機能性を両立した新型WRX S4専用のスポーツパーツ

 スバルのパフォーマンスセダン「WRX S4」がフルモデルチェンジし、5代目となる新型モデルが2021年11月25日に発表されました。

 新型WRX S4はデザインを一新。スバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC x SOLID」を進化させた「BOLDER」を新型WRX S4に適応させ、アグレッシブなスタイルへと進化しています。

 そんな新型WRX S4のスポーティさをより高めるアクセサリーの数々が用意されました。

 スバルのモータースポーツ部門を担う「STI(スバルテクニカインターナショナル)」は、エクステリアの「STIスポーツパーツ」として、「STIフロントアンダースポイラー」や「STIサイドアンダースポイラー」「STIリアサイドアンダースポイラー」を設定。

 デザイン性はもちろん、これらのアンダースポイラーにより空気の流れをコントロールし、コーナリング性能や操縦安定性を高める効果が期待できます。

 カラーは艶やかなクリスタルブラックシリカと鮮やかなチェリーレッドの2色が用意されており、新型WRX STIを精悍でスポーティな印象に演出します。

 また、「リアアンダーディフューザー」は、ニュルブルクリンク24時間レース参戦車両のデュフューザーのコンセプトを取り入れており、床下後方の空気の流れを整えてステアリングを切り始めたときの車両のレスポンスを向上させます。

 このリアアンダーディフューザーも、クリスタルブラックシリカをベースに、チェリーレッドのアクセントが施された仕様もラインナップされました。

 ほかにも、「フレキシブルタワーバー」や「フレキシブルドロースティフナー(フロント/リア)」といったパフォーマンスパーツも設定されています。

 さらに、スバルの純正アクセサリーにおいても多様なドレスアップパーツをインナップ。

 ガーニッシュとの親和性が高い、「フロントバンパースカート」や「サイドストレーキ」「エアロスプラッシュ」は六角形の空力テクスチャーも施されました。

 また、ワイド&ローを強調する六角形メッシュタイプの「フロントグリル」とダックテール風「トランクスポイラー」、「ドアミラーカバー」はいずれも艶のあるブラックカラーを採用し、新型WRX S4の存在感を際立たせています。

※ ※ ※

 新型WRX S4は新たに2.4リッター水平対向直噴ターボエンジンと、進化したCVT「スバルパフォーマンストランスミッション」を搭載。

 エンジンとCVTのきめ細かな協調制御がもたらす素早い変速や操作に対する応答性の良さにより、ドライバーの意思に忠実な走りを可能にしました。

 プラットフォームはWRX初となる「スバルグローバルプラットフォーム」とインナーフレーム構造を採用し、高い安全性やドライバーの意思に忠実なハンドリングや、快適な乗り心地を実現しています。