2021年12月2日から日産グローバル本社ギャラリーにて新型SUV「エクストレイル」の中国仕様が日本初公開となります。どのようなモデルなのでしょうか。

日本初公開! 新型「エクストレイル」とはどんなモデル?

 日産を代表するSUVとして「エクストレイル」がありますが、北米などでは2020年に新型「ローグ」、中国では2021年に新型「エクストレイル」としてグローバル市場で販売されています。
 
 今回、2021年12月2日より日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)にて、新型エクストレイル(中国仕様)の展示がおこなわれるといいますが、どのような仕様なのでしょうか。

 エクストレイルの歴史は、2000年に初代モデルが日本で登場したことから始まり、2代目(2007年)、現行モデルの3代目は2013年に登場しました。

 なお、ローグとしては2007年に「キャシュカイ/デュアリス」の北米版として投入され、2013年に登場した2代目から3代目エクストレイルの兄弟車となっています。

 その後、2020年6月15日に北米市場にて新型ローグを世界初公開し、同年10月下旬に販売を開始しました。

 一方、2021年4月19日には中国にて新型エクストレイルを世界初公開。同年6月28日に発売を開始しています。

 今回、日産グローバル本社ギャラリーにて展示される新型エクストレイルは、中国仕様のガソリン車です。

 中国仕様の新型エクストレイルのエクステリアは、ダブルVモーショングリルや上下2段のLEDヘッドライトが特徴的なフロントフェイスを採用しています。

 インテリアには、インパネ中央に12.3インチディスプレイの液晶メーターおよびセンタータッチスクリーンを搭載。さらに、ドライバーには10.8インチのヘッドアップディスプレイを採用しました。

 また、0.98平方メートルにおよぶ「EYE-MAXパノラマサンルーフ」を設定しました。

 パワートレインは、最高出力204馬力・最大トルク300Nmを発揮する可変圧縮比エンジンの1.5リッター直列3気筒VCターボを新型エクストレイルに初搭載。

 駆動方式は、2WDと4WDをラインナップし、4WDには第二世代「インテリジェント 4×4」を搭載することで、ドライバーが期待するコーナリングラインをクルマが予測し、滑りやすい路面でも自然で滑らかなコーナリングラインを実現します。

 また、今後の新型エクストレイルには、欧州や中国に電動パワートレイン「e-POWER」搭載仕様を2022年夏に導入予定だと明かしています。

※ ※ ※

 今回、新型エクストレイルのほかに、中国で発表された新型「シルフィe-POWER」や、欧州で発表された新型「キャシュカイ」も展示されています。

 日本未発表・発売となるこれらの展示理由として、日産は「高品質なクルマづくりの訴求の例として展示しました」と話しています。