トヨタ「ノア」と「ヴォクシー」は、どちらも人気のミニバンです。では、最上級グレード(同価格)を購入するにはどのくらいの年収が必要でしょうか。

 トヨタのミドルサイズミニバンとなる「ノア」と「ヴォクシー」は、エンジンやシャシを共有する兄弟車といえる存在で、両車とも2001年に登場し、現在までモデルチェンジを続けながら販売されているロングセラーモデルです。

 その人気も安定しており、日本自動車販売協会連合会が公表するデータによると、2020年度の登録車台数はノアが16位、ヴォクシーはさらに上をゆく10位を記録しています。

 2台のターゲット層について、都内のトヨタ販売店の担当者は次のように話しています。

「ノアとヴォクシーはターゲット層が若干異なります。

 年齢層は同等ですが、ノアのほうがやや落ち着いた印象のお客さま、ヴォクシーのほうがアグレッシブなお客さまが多いように見えます」

 
 販売面ではどちらも人気となっていますが、実際に最上級グレード(同価格)を購入するのにはどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。

 トヨタの公式サイトでそれぞれ、最上級グレードかつ特別仕様車の「ノア HYBRID Si W×B III」、「ヴォクシー HYBRID ZS 煌 III」が344万3000円です。

 ノアの1番人気は、有償色(3万3000円)の「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」、ヴォクシーの1番人気は「ブラック」です。

 費用を算出するにあたり、ノアで人気の「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」はヴォクシーに設定が無いことから、今回は追加費用の掛からず、どちらにも設定されている「ブラック(0円)」を選びます。

 また、「フロアマット(6万8200円)」、「エントリーナビ(9万3500円)」と「ETC2.0ユニット(3万6300円)」も追加。
 
 ここまでで、オプション装備は19万8000円となり、車両本体価格とあわせると364万1000円です。

 さらに、税金・保険料として自動車税種別割9000円、自動車税環境性能2万9700円、自動車重量税1万5000円、自賠責保険料2万7770円。販売諸費用として7万4380円が加算されます。

 そのため、ノア/ヴォクシーの最上級グレードを購入するには、379万3850円が必要です。

初期費用はおよそ380万円!年収に換算すると760万円必要?

 乗り出し価格がおよそ380万円のノアとヴォクシーですが、年収に換算するといくらがボーダーラインとなるのでしょうか。

 年収の半分がクルマの購入費用として妥当であるとすれば、年収760万円が求められる計算です。

 とはいえ、一気に380万円を支払うとなると、なかなか即決できるような金額ではないといえます。

 では、分割で少しずつ支払えるローンを活用した場合ではどうでしょうか。
 
 トヨタの公式サイトで提示されている、実質年率7.8%の頭金なしのローンを想定した場合、36回払いでは毎月11万4700円、60回払いでは7万4100円支払うことになります。

 食費や家賃などの月々の支出を考えると、クルマにかけられる費用は手取り月収のおよそ20%といったところでしょう。

 手取り月収の20%をクルマの支払いに充てた場合、36回払いでは57万3500円、60回払いでは37万500円の月収が必要になります。

 これを年収に置き換えると、36回払いはおよそ700万円、60回払いはおよそ460万円がボーダーラインとなりそうです。

 ローンで分割にした場合では、1回当たりの支払額が現金購入より抑えられるというメリットはありますが、合計金額が安くなるというわけでなく、一般的にはむしろ手数料などでやや高くつきます。

 そこで、最近利用する人が増えているのが残価設定型ローンです。

 残価設定型ローンにはさまざまな制約があるため、一般的なローンと比較することは難しいかもしれませんが、単純に見ると毎月の支払額はローンよりも安く抑えられます。

 実質年率5.8%の頭金なしで残価設定型ローンを利用した場合、36回払いでは7万1100円、60回払いでは5万3600円です。
 
 ローンの場合同様に、手取り月収の20%をクルマの支払いに充てるとした場合、36回払いでは35万5500円、60回払いでは26万8000円が必要だと考えられます。

 また、年収で考えると、36回払いの場合およそ450万円、60回払いの場合およそ340万円あればノア/ヴォクシーの最上級グレードの購入に手が届くかもしれません。

※ ※ ※

 2022年冬にノア/ヴォクシーがフルモデルチェンジするという話も出ています。

 そのため、現行モデルを新車で購入したいと考えている人はいまがチャンスかもしれません。