軽自動車界で数年前からスーパーハイトワゴン人気が続いていますが、実際はそこまで頭上の空間が不要だったり、背の高さゆえの弊害も多そうです。そこで、スーパーハイトワゴンではなくあえてハイトワゴンを選んだオーナーに、日常での使い勝手などについて聞いてみました。

ハイトワゴン人気復活の兆しも?

 ここ数年、軽自動車の販売ランキングでは絶対王者のホンダ「N-BOX」を筆頭に、「スーパーハイトワゴン」と呼ばれる全高が1700mmを超えるモデルが上位を独占していました。

 サイズに厳密な規定がある軽自動車だけに、広い居住空間を求めるユーザーがスーパーハイトワゴンを好んできたわけですが、そこまでの広さを十分使いこなすことはなく、むしろ背の高さによる不満や弊害の声もチラホラ聞こえてくるなど、この傾向に少しずつ変化が出始めているようです。

 全国軽自動車協会連合会が毎月発表しているランキングでは、2021年上半期(4月から9月)は、ホンダ「N-BOX」、スズキ「スペーシア」、ダイハツ「タント」といったスーパーハイトワゴンが上位を独占。

 しかし2021年10月のランキングでは、スズキ「ワゴンR」がトップに躍り出て、日産「ルークス」が続き、絶対王者のホンダ「N-BOX」が3位に交代する波乱が起こりました。

 5位にスズキ「ハスラー」、7位にダイハツ「タフト」といったRV色を強めたモデルを含めて「ハイトワゴン」が躍進しており、静かに潮流が変わりつつあります。

 とくにワゴンRは、後部スライドドアを採用した「ワゴンRスマイル」が2021年9月に追加設定されたことが販売の後押しになったことが考えられますが、背が高すぎないハイトワゴンの人気が盛り返してきているといえます。

 スーパーハイトワゴンとハイトワゴンの違いに明確な基準はないものの、全高1700mm以上をスーパーハイトワゴン、それ以下をハイトワゴンと区分がなされているようです。

 そしてこの全高は、広い室内区間(とくに頭上)を稼ぐための手段として採用され、実際に小さい子どもなら立ったまま着替えができるほどの室内高だったり、余裕ある頭上空間が多人数乗車でも狭さを感じにくいというメリットがあります。

 ただ軽の規格では「乗車定員4名」と定められており(大人2名+12歳以下の子ども3人まではOK)、シートに座ってしまえば広大な頭上空間はそれほど必要でないと気づいたユーザーが、軽本来の乗りやすさや扱いやすさなどを考慮した結果、ハイトワゴンに回帰している可能性があります。

 そもそも軽セダンで不満となっていた狭い車内空間を解消すべく、ハイトワゴンという少し背が高いモデルが誕生したという経緯があります。スーパーハイトワゴンと比較して、ハイトワゴンのメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

 まず、ハイトワゴンは高い実用性を犠牲にすることなく、軽快な走りが期待できます。スーパーハイトワゴンはスライドドアを採用するモデルが特徴になっていますが、ハイトワゴンは、通常のヒンジ式リアドアがメイン。

 ワゴンRスマイルのようにスライドドアを装備するモデルもありますが、スライドドアは重量があることから、ヒンジドア採用は軽量化や燃費の向上につながります。

 また車高が低くなることで重心が下がり、コーナリングでの挙動が安定しやすくなるメリットがあります。

 とくにトレッド(左右のタイヤの間隔)が決められている軽自動車では、重量物が上にあるだけでかなり重心の位置が変わります。低重心になることで走行だけでなく日常でも運転がしやすくなります。

 次に考えられるのが乗降性と見切りの良さです。全高が1600mm前後あれば乗り込むときに頭をかがめる必要がなく、着座位置は高すぎず低すぎずというちょうど良いポジション。それでいて初心者でも車両感覚がつかみやすいのは大きな魅力でしょう。

 ちなみに、スーパーハイトワゴンはフロントウインドウの角度が立ち過ぎており、これが大きなデメリットにもなっています。

 その点、ハイトワゴンは非常に乗りやすいシートポジションと、シートアレンジを活用すれば大きなものでも積載できる実用性を兼ね備えるなど、トータルバランスの良さが魅力です。

軽らしい気軽さと扱いやすさを優先したハイトワゴン

 ハイトワゴンの軽自動車は、どんなユーザーから支持されているのでしょうか。実際にハイトワゴンに乗っている山形県在住のSさん(30代・女性)に話を聞いてみました。

 公共交通機関が充実している首都圏などでは軽自動車の出番が少ないかもしれませんが、とくに鉄道やバスが少ないエリアでは必要不可欠な存在です。

 山形県は日本海沿いに延々と続く道があり、少し内陸に入ると自然豊かな山岳地帯が広がっています。また、平坦な都市部は整備された幹線道路もあるなど、さまざまなシチュエーションの道を走ることがあるそうです。

「県内は曲がりくねった道やアップダウンもけっこう多いんです。また場所によっては狭い道も多く、実用性が高くて扱いやすい軽自動車を利用している人は多いです」

 そんなSさんはホンダ「N-WGN」を購入。N-BOXとコンポーネンツを共有しながら、シンプルで使いやすさを重視したハイトワゴンです。

「子どもがいるので、後部座席や車内空間に広さが欲しかったんです。かといってスーパーハイトワゴンは大きすぎて、ちょうど良いサイズの軽自動車が選択肢に上がりました」(Sさん)

 Sさんはスーパーハイトワゴンをあえて選ばなかった理由として、海沿いの強い潮風の影響をできるだけ受けたくなかったといいます。また坂道が多いエリアに住んでいるとのことで、大きすぎず車重も重くないクルマが必要だったといいます。

「兄がダイハツ『ウェイク』に乗っていて、クルマ自体は気に入っているらしいのですが、海沿いの道では強風でハンドルを取られることが多いそうです。また坂道では重くて加速もあまり良くないとのことだったので、N-WGNを選びました」(Sさん)

 軽自動車に限らず、背の高いクルマの弱点ともいえるのが横風の影響。とくにスーパーハイトワゴンは全高に対してトレッド(左右のタイヤの間隔)が狭いため、いわゆる踏ん張りが効きにくく、ハンドルが取られたり、横転の危険性が指摘されています。その点でもハイトワゴンのほうが(低重心のため)影響は少ないといえます。

 実際に乗り出したその日から乗りやすさを実感できたというSさん。N-WGNは自然な着座姿勢や、十分な広さの頭上空間など、ちょうど良いサイズ感で気負わず乗れる扱いやすさが魅力だといいます。

「普段の移動はほとんどクルマなので、とにかく乗りやすいクルマというのが主人の希望でもありました。実際に運転してみると駐車もしやすいし高速道路も走りやすい。兄も運転したのですが、あまりの扱いやすさにびっくりしていました。

 後部座席の広さは十分にあり、車内の頭上空間も十分余裕があります。上下に分かれたラゲッジスペースや小物入れも充実していて便利です。

 また安全装備なども充実しているので、子どもを安心して乗せられるのもポイントです」(Sさん)

※ ※ ※

 もちろんスーパーハイトワゴンにも魅力はありますが、ほとんど使わない空間と一緒に移動している感覚があるというユーザーもいます。

 また、スーパーハイトワゴンのフロントウインドウ(Aピラー)はかなり角度が立っており、広さを感じられる反面、前走車などが巻き上げた飛石が直撃しやすく、傷やヒビができやすい傾向があるようです。

 その点、フロントウインドウに適度な傾斜があるハイトワゴンのほうが飛石も(傷はつく可能性はあるものの)ある程度は上手にいなせる可能性が高いといわれています。

 軽自動車としてのバランスも含めて、ハイトワゴンが完成形に近いともいえ、昨今のSUVブームも考慮すると、スズキ ハスラーやダイハツ タフトのようなタフなイメージのハイトワゴンが今後の主流になるかもしれません。