2021年12月8日、トヨタは公式ウェブサイト上で新型「ヴォクシー」のティザーページを公開しました。8年ぶりの全面刷新を受け、4代目ヴォクシーがまもなく登場します。

「ヴォクシー」が8年ぶり全面刷新へ

 トヨタは、2021年12月8日に公式ウェブサイト上で、全面刷新して登場する新型ミニバン「ヴォクシー」のティザーページを公開しました。およそ8年ぶりの全面刷新となります。

 3代目モデルにあたる現行ヴォクシーは、姉妹車「ノア」とともに2014年1月20日に発表されました(ガソリン車は同日発売)。

 歴代ヴォクシーで初となるハイブリッドシステムを搭載(ハイブリッド車は2014年2月24日発売)。

 ハイブリッド車のJC08モード燃費は23.8km/Lと、クラストップレベルの低燃費を実現しました。

 また、クラス初となる超ロングスライド(スライド量810mm)機構を備えたキャプテンシートの設定も、注目されました。

 日本自動車販売協会連合会が発表する登録車販売台数ランキングによると、2021年度上半期(4月から9月)の販売台数は3万1065台を記録。

 総合10位、トヨタのミニバンのなかでは「アルファード」に続いて2位にランクインするなど、モデル末期でも好調な販売状況を維持していました。

 トヨタは、約8年ぶりのフルモデルチェンジを受ける新型ヴォクシーの登場時期について、姉妹車の新型ノアと同様「2022年1月」になるとティザーページで明らかにしています。