トヨタは、2022年1月に発売予定の新型「ノア」のティザーサイトをオープンしました。4代目となるノアは、どのようなミニバンに進化するのでしょうか。

兄弟車「ヴォクシー」とともに全面刷新へ

 トヨタのミニバン「ノア」の新型モデル(4代目)が2022年初頭に登場することにともない、2021年12月8日にティザーサイトが公開されました。

 今回公開された新型ノアのティザー画像を見ると、従来モデルのノアを踏襲したような横基調のメッキグリルを装着。3眼のヘッドライトも見て取れます。

 なお、トヨタのミドルサイズミニバン3兄弟車のうち、新型へと全面刷新される「ヴォクシー」のティザー画像も同時に公開されました。一方、同じく兄弟車となる「エスクァイア」の新型モデルは登場せず、2021年12月を持って1代限りで生産終了となります。

 もともとは、「タウンエースノア/ライトエースノア」の後継車として、初代ノアと初代ヴォクシーが2001年に誕生。ノアはカローラ店、ヴォクシーはネッツ店の専売車種として販売されました。

 そして2007年に2代目、2014年に3代目の現行モデルとフルモデルチェンジ。

 落ち着いた雰囲気でファミリー向けのノアに対し、スタイリッシュで若々しいイメージのヴォクシーという立ち位置でしたが、2014年10月に高級感を強めたエスクァイアがトヨタ店・トヨペット店の専売車種として加わっています。

 トヨタはチャネル制を廃止し、2020年5月から全店舗で全車種を販売する体制へ移行。現在はすべての店舗ですべてのクルマが購入できるようになっており、それと同時に兄弟車の統廃合が進められています。

 新型ノアは2022年1月に発売される予定です。