マツダの北米法人が、「CX-9」の最新2022年モデルを発表。4WD電子制御システム「i-ACTIV AWD」を標準搭載するとともに、各モデルとも車内装備が充実。どのように進化したのでしょうか。

i-ACTIV AWDを標準装備

 マツダの北米法人は2021年12月7日、「CX-9」の最新2022年モデルを北米で今冬に発売すると発表しました。

 CX-9は海外で販売されている3列シートの大型SUVで、ブランドのフラッグシップを担っています。

 現行モデルは、スカイアクティブ-G 2.5ターボエンジンとマニュアル/スポーツモード付6速ATを全車に標準搭載。

 ハイオクガソリンで250馬力、最大トルク320lb-ft、レギュラーガソリンで227馬力、最大トルク310lb-ftというパワーを発揮します。

 今回、発表された最新の2022年モデルは「Sport」「Touring」「Touring Premium Package」「Touring Plus」「Carbon Edition」「Grand Touring」「Signature」のグレードを設定。

 いずれもドライビングダイナミクス、ハンドリング、車両制御を向上させ、あらゆる地形や状況下での走行を楽めるi-ACTIV AWDシステムを標準装備しています。

 マツダ独自の電子制御システムi-ACTIV AWDは、重量配分を継続監視し、ドライバーの操作に対してほぼ瞬時に反応しながら適切なホイールにパワーをシフトさせます。

 また、CX-9の全車に「G-ベクタリングコントロールプラス」と「オフロードトラクションアシスト」を搭載。

 10.25インチのフルカラーセンターディスプレイは、Apple CarPlayやAndroid Autoとの連携機能を備えているほか、フロントシートヒーター、リモートキーレスエントリーシステム、6スピーカーサウンドシステム、ブラッククロスシート(運転席8ウェイパワーシート&ランバーサポート、助手席4ウェイマニュアルアジャスタブルシート)も装備。

 さらに電子パーキングブレーキ、リアビューカメラ、リアサイド&リフトゲートウィンドウプライバシーガラスなども標準装備され、Sportは、i-Activsense安全装備が標準搭載されます。

 エクステリアは、グレーメタリックの18インチアルミホイール、ブライトフィニッシュフロントグリル、ハイビームコントロール付LEDヘッドライト、LEDターンシグナル内蔵ヒーテッドドアミラー、リアルーフスポイラー、ルーフマウントシャークフィンアンテナ、レインセンサー付ワイパーなどが装備されています。

 Touringは、ブラックまたはサンドカラーの本革製1・2列目シート、助手席6ウェイパワーシート、2列目にUSB充電ポートふたつを装備するなど、シートのアップグレードに重点を置いています。

 また、2列目のスライド&チルト機能を刷新し、3列目へのアクセスが容易に。その他、パワーリフトゲート、マツダアドバンストキーレスエントリー、ホームリンク付自動防眩ルームミラーなどが追加されています。

最上級「Signature」の装備は?

 Touring Premium Packageは、乗員の楽しみを広げるTouring用のオプションです。

 2列目を、3人掛けベンチシートか、2人掛けキャプテンチェア(アームレスト、センターパススルー付)から選択できます。

 このパッケージはさらに、Bose 12スピーカー・プレミアムオーディオ、ワイヤレス充電器、パワームーンルーフ、フロント&リア・パーキングセンサー、3列目用USB充電ポート×2、LEDフォグランプ、2列目リトラクタブルウィンドウサンシェードなどが含まれます。

 Touring Plusは、TouringにTouring Premium Packageを装備したうえで、ベンチレーテッド・フロントシート、運転席パワーシート(メモリー付)、ブラックメタリック20インチアルミホイール、グロスブラック・フロントグリル、アルミ製ルーフレール、フレームレス・バックミラーを追加しています。

 Carbon Editionは、2列目のキャプテンチェア(アームレスト、センターパススルー付)にヒーターを装備。

 外観は、ポリメタルグレーに、グロスブラックの自動開閉式ドアミラーとクロームアクセントのロアモールが特徴的です。

 内装は、レッドレザーシートとアルミニウムインテリアトリム、LEDドアポケットイルミネーション、LEDドアプルハンドル、オーバーヘッドLEDイルミネーション、ブラックメタリックアクセント(ダッシュ、ドアパネル、ハンドルベゼル)を採用しています。

 さらにTouringの標準装備に加え、パドルシフト付ステアリングヒーター、ハンズフリーパワーゲート、7インチ液晶マルチインフォメーションゲージディスプレイ、リアスマートシティブレーキサポート、アダプティブフロントライティングシステム、ウィンドシールドワイパーデアイサーを追加しています。

 Grand Touringは、Touringの装備にCarbon Editionの装備を加え、シルバーメタリックの20インチアルミホイールやボディ同色のオートパワーフォールドドアミラーなどを追加しています。

 2列目シート(ヒーター付)をベンチシートまたはキャプテンチェア(アームレスト、センターパススルー付)に変更でき、1列目と2列目のシートはブラックまたはサンドカラーの本革を選択できます。

 さらに、360°ビューモニター、交通標識認識機能付きアクティブ・ドライビング・ディスプレイなどを装備しています。

 Signatureは、Grand Touringの装備を継承しつつ、Signature専用の装備を追加した最上級グレードです。

 2列目のヒーター付きキャプテンチェアは、1列目と同様にアームレスト収納付きのセンターコンソールを備えています。

 ナッパ・レザーの1列目と2列目のシートが含まれており、色はディープ・チェスナットとパーチメントの2種類から選択可。

 そのほか、サントス・ローズウッドのインテリアトリム、ダッシュボードやドアハンドルベゼルに施されたパターン化されたアルミニウム、ステアリングホイールに施されたステッチなど細部までこだわりがみえます。

 外装は、ブリリアントシルバー仕上げの20インチアルミホイール、チタングレーメタリック仕上げのフロントグリルとLED照明のアクセント、大型化されたデュアルエグゾーストパイプ、リフトゲートに貼られたシグネチャーバッジなどがアップグレードされています。

※ ※ ※

 北米での価格は、3万5280ドル(約400万円)から4万7210ドル(約535万円)です。