トヨタは、新型「ノア」のティザーサイトを2021年12月8日に公開しました。ユーザーからはどのような声が挙げられているのでしょうか。

2022年1月に発売予定!新型「ノア」ユーザーからの反響は?

 2021年12月8日、トヨタが公式サイトにて新型「ノア」のティザーサイトを公開しました。
 
 公開を受けてユーザーからはどのような声が挙げられているのでしょうか。

 トヨタの公式サイトによると2022年1月には、4代目となる新型ノアが登場する予定です。

 ノアといえば、トヨタを代表するミドルサイズミニバンのひとつであり、「ヴォクシー」「エスクァイア」と共にミニバン3兄弟としても知られています。

 ノアは、2001年に初代が誕生してから、2007年に2代目、2014年に現行型と、これまで2度のフルモデルチェンジを遂げています。

 3代目である現行型は、日本自動車販売協会連合会によると、2020年では年間の販売台数第16位にランクインしており、競合の多いミニバンのなかでも人気の1台です。

 2021年11月のランキングでも第15位となっており、常に安定した売れ行きであることがうかがえます。

 ノアには、「低床フラットフロア」という車体構造が採用されており、キャビンを下げることで室内空間を広く、乗り降りもしやすくなっています。ステップがないので、背の小さな子どもでも比較的乗り込みやすくなっているといえます。

 そんなノアですが、現行型の発売からすでに7年が経過していたことから、以前よりネット上では「新型もそろそろ登場か?」という声が見られ、新型の発売を期待する人も少なくありませんでした。

 今回公開されたティザー画像では、ノアそしてヴォクシーのフロントデザインの一部がお披露目されました。

 ボディカラーは、ゴールドに近いベージュのような上品な色味で、従来のノアにはない新色のように見えます。

 また、グリルは従来型同様にメッキのデザインで、ヘッドライトは3眼となっていることが確認でき、全体的に横基調のデザインとなっているようです。

 このように、ついに新型ノアの登場が明らかとなりましたが、今回のティザーサイトの公開を受けて、ユーザーからはどのような声が挙げられているのでしょうか。

 まず、比較的多く見られたのが「従来型のコンセプトがキープされている」「現行型とあまり変わらないね」といった意見です。

 また、「かっこいい!」「前よりいかつい感じになってる」という意見も見られ、ヴォクシーに比べ落ち着いた印象を持たれがちなノアですが、今回はやや角の立ったデザインになっているといえます。

 一方で、まだ全貌が明らかになったわけではないので、リアやサイドのデザインはどのようになっているのか、正式発表に期待が高まります。

 また、パワートレインや安全機能など、画像からは読み取れない部分に関しても、今後情報が公開されていくとともに多くの反応が寄せられるでしょう。

 以前より、ネットでは「ヴォクシーとノアが統合するのでは?」といった声もありましたが、今回のティザーによって、引き続き独立したモデルとして発売されることが明らかになりました。

 エンジンなどさまざまな部分を共有しながらも、異なるコンセプトのノアとヴォクシー。新型モデルの登場により、2台それぞれの売れ行きにも注目が集まります。

※ ※ ※

 なお、ノアとヴォクシーの兄弟車であるエスクァイアについては、2021年12月をもって1代限りで生産終了になることも公表されています。

 今後トヨタのミニバンは、コンパクトサイズの「シエンタ」、ミドルサイズのノア・ヴォクシー、ラージサイズの「アルファード」「ヴェルファイア」、送迎需要に対応する「グランエース」となるようです。