ホンダのインドネシア法人は新型「BR-V」の納車を現地で開始したと2022年1月10日に発表しました。ホンダの海外専売SUVが6年ぶりに全面刷新しましたが、どんな特徴があるのでしょうか。

6年ぶりの全面刷新で2代目に進化

 ホンダのインドネシア法人は、新型「BR-V」の納車を現地で開始したと、2022年1月10日に発表しました。

 新型BR-Vは2021年9月21日に世界初公開された海外専売の3列SUVで、約6年ぶりに全面刷新した2代目モデルとなります。

 2021年11月11日には翌年(2022年)1月中に発売されることが発表されていました。

 また、先行予約では約3200台の注文を獲得していたといいます。

 新型BR-Vの外観は、大型フロントグリルとLED式のデイライトが連続するフロントフェイスや、水平基調のキャラクターラインが特徴。

 ホンダのインドネシア法人は、新型BR-VについてSUVらしいタフさとMPV(日本でいうミニバン)のような快適性と機能性、優れたドライバビリティと燃費性能を両立させたと説明します。

 搭載されるエンジンは最高出力121馬力・最大トルク145Nmを発揮する1.5リッターガソリンで、トランスミッションはCVTもしくは6速MTが組み合わされます。

 さらにホンダセンシングやホンダレーンウォッチ、リモートエンジンスタート、ウォークアウェイオートロックなどの各種予防安全装備・快適装備が導入されました。

 インドネシアにおける新型BR-Vの価格は2億7890万ルピアから(約225万円から、1ルピア0.0081円で計算)に設定されます。

 新型BR-Vはインドネシアでの導入を皮切りに、約30の国に向けて輸出される予定です。