ダイハツは東京オートサロン2022に「ロッキー e-SMART HYBRID」をベースにしたカスタマイズモデル2台を出展しました。それぞれ、どんな特徴があるのでしょうか。

世界観の異なる2台のロッキーが登場

 ダイハツは、東京オートサロン2022に5台のカスタマイズカーを出展しました。そのうち2台は2021年11月に発売された「ロッキー e-SMART HYBRID」のカスタマイズモデルを披露しましたが、それぞれ異なるテイストのカスタムが施されたといいます。

 どのような世界観を持つロッキーが披露されたのでしょうか。

 出展されたロッキーのカスタマイズモデルは、ひとつが「ロッキー クロスフィールドVer.」、もうひとつが「ロッキー プレミアムVer.」です。

 ロッキー クロスフィールドVer.はオリジナル色のオールペイントが施されたほか、フロントグリルガーニッシュやフロントアンダーガーニッシュ、サイドアンダーガーニッシュ、リアアンダーガーニッシュなど各パーツにブラック塗装を採用。

 SUVらしさと同時に精悍な雰囲気を実現したモデルとなっています。

 フロント/サイド/リアのアンダーガーニッシュは純正アクセサリーが用いられているものの、フロントグリルガーニッシュはインドネシア仕様のロッキー用パーツを流用しているということです。

 ルーフラックが装備されたほか、ヘッドライト/テールランプはスモーク加工が施され、イエローのフォグランプを採用。D-SPORT製パーツとしてスポーツマフラーカッターやマッドガードも装備されます。

 ホイールはワーク製16インチアルミホイール、タイヤはトーヨー オープンカントリーATタイヤを採用しました。

 ちなみに、インドネシアで2021年11月に開催されたガイキンドインドネシア国際オートショー2021では、ロッキー クロスフィールドVer.に近いテイストのカスタムが施された「ロッキー ネオレトロ」がダイハツの現地法人から発表されており、なかにはこちらを想起した人もいるかもしれません。

※ ※ ※

 ブルーとシルバーのコントラストが対照的なロッキー プレミアムVer.は、オリジナル色のオールペイントのほか、シルバー塗装のフロントアンダーガーニッシュ、サイドアンダーガーニッシュ、リアアンダーガーニッシュを採用。

 また、ブルーの差し色が鮮やかなオリジナルシート表皮も、注目されるポイントのひとつです。

 ホイールはレイズ製18インチアルミホイール、タイヤはトーヨー オープンカントリーR/Tタイヤを採用しています。

 正反対ともいえる個性が演出されたカスタマイズモデルのロッキーは、東京オートサロン2022のダイハツブースを盛り上げていました。